自店舗で予期せぬ炎上。
いわれのない中傷投稿、どうすれば?

SNSの発展により、不特定多数の人間と簡単につながることができ、コミュニケーションの輪が広がりました。しかし同時に、ネットトラブルに巻き込まれる危険性が高くなってしまったことも忘れてはいけません。

今回ご紹介するのは、飲食店を経営しているAさんの事例です。Aさんは自身への批判的な投稿についカッとなって反論した結果、SNSアカウントが炎上してしまいました。

なぜ、AさんのSNSアカウントは炎上してしまったのでしょうか。ここでは、炎上の原因からSNSトラブルに巻き込まれないためのポイント、万が一巻き込まれてしまった際の解決策まで解説していきます。

ある日突然、自分のお店が炎上対象に

Aさんは、都内で飲食店を経営している40代の男性です。その飲食店は、いくつかのグルメ雑誌などで取り上げられたこともあり、平時は予約で席が埋まるほどの人気店でした。しかし、直近で発生したウイルスによるパンデミックの影響で、最近は時間を短縮して営業を行うようになっていました。その際、スタッフは全員マスクを着用する・席の間隔を空ける・お店の出入り口に消毒液を設置するなど、必要最低限の感染症対策は行っていたそうです。

Aさんは、日課のようにSNSで自身のお店の評判をチェックしていましたが、ある日、気になる投稿を見つけました。その内容は「今日はじめて○●(Aさんのお店)行ってみたけど、このご時世にあんな形で営業するのはダメだと思う・・・。消毒液をスルーするお客さんもいるし、店員もキッチンで笑いながら調理してるとか・・・お客さんを危険に晒すことになる」というものです。そのユーザーはこのほかにも、Aさんの店舗を批判する内容を何度か投稿していました。

可能な限りリスクを回避して営業していると自信を持っていたAさんは、ついカッとなり「店舗のオーナーです。ご意見はありがたいですが、必要といわれている感染症対策は行っています。それに気がついたなら、現地でいってくださればよいのではないですか?SNS上だけで批判することこそマナー違反だと思いますし、もとから批判するつもりなら来なければよかったのでは?」と、そのユーザーに対して返信してしまいます。そこから、Aさんとそのユーザーによる口論がSNS上ではじまってしまったのです。