SMS認証(電話番号認証)とは?仕組みやメリットを解説

本人認証の際に、ユーザーIDとパスワードの組み合わせを利用する従来型の方法と併せて、SMS認証(電話番号認証)を利用するインターネットサービスが増えてきました。
この記事をご覧になっている方のなかにも、サービスの登録の際、本人認証のため、スマートフォンや携帯電話宛に届くメッセージ内のコードを入力してログインした経験がある方も多いのではないでしょうか。その認証方法がSMS認証です。
しかし、そもそもSMS認証が何の目的で用いられているのかよくわかっていない方も多いのではないでしょうか。

今回は、SMS認証の概要や利用する目的、SMS認証の仕組み、メリット・デメリットについて解説していきます。

SMS認証とは?

SMS認証は、スマートフォンや携帯電話の電話番号で本人認証を行う個人認証機能の通称です。詳しい内容と併せて、SMS認証を用いる目的を解説します。

SMS認証の概要

SMS認証は、スマートフォンや携帯電話の電話番号を使ってメッセージをやりとりするSMS(ショートメッセージサービス)を活用した個人認証機能の通称です。インターネットサービスのログインやアプリのダウンロード、会員登録、インターネットバンキングの振り込みなどで利用されます。

これらのサービスは、これまでユーザーIDとパスワードのみによる認証を行なってきました。しかし、サイバー攻撃の手法は高度化しており、ユーザーID・パスワードだけの本人認証では、突破されてしまう可能性があります。

そこで、従来のユーザーID・パスワードによる本人認証と併せて、セキュリティを高めるために用いられることの多い認証機能がSMS認証なのです。

SMS認証の目的

SMS認証を用いる一番の目的は、セキュリティの強化にあります。
従来のユーザーID・パスワードによる本人認証だけでは、セキュリティ面で不安が残ります。SMS認証ではスマートフォンや携帯電話の電話番号を利用しますが、この電話番号は同じものが存在せず、1台のスマートフォンや携帯電話に紐付いています。そのため、機器の持ち主でなければメッセージを確認できないので、本人認証に活用されているのです。

ユーザーID・パスワードによる認証と、SMS認証という2つの要素からなる認証方式を「2段階認証」と呼びます。2段階認証はユーザーの本人認証をより強固にするための仕組みであり、2段階認証を実施するためにSMS認証が用いられるのです。

このSMS認証を用いることで、不正アクセス防止やなりすまし、不正登録の防止に役立てることができるので、広い意味でセキュリティの強化となります。また、登録したサービスにおける本人認証の簡略化にもつながっています。

SMS認証の仕組みについて

SMS認証の仕組みとして一般的に用いられているもののひとつに、「ワンタイムパスワード」をSMSで送信し、そのパスワードをユーザーに入力してもらう方法があります。ワンタイムパスワードとは、一定時間ごとに更新され、一度しか使うことができないパスワードを表します。

具体的に、Webサイトにログインする際に利用されるSMS認証の流れとしては、次のとおりとなります。

① Webサイトにスマートフォン・携帯電話の電話番号を登録
② WebサイトにユーザーID・パスワードでログイン
③ 登録した電話番号宛にSMSで認証コードが送信される(ワンタイムパスワード)
④ Webサイトに認証コードを入力して認証完了

このように、従来のログインの仕組みにひと手間加えられるのがSMS認証です。このひと手間によって、不正アクセスやなりすましを防ぐことができます。

ユーザーIDやパスワードは、一度知られてしまうと更新するまで利用されてしまう可能性があります。しかし、SMS認証で用いられるワンタイムパスワードは、一定時間で更新されてしまうため、仮に知られたとしてもすぐに無効なパスワードとなり、悪用されるリスクが低くなるのです。

さらに、そのワンタイムパスワードの送付先が本人しか持ち得ないスマートフォンや携帯電話の電話番号宛になるため、個人認証機能の強化につながるのです。二重に認証を行うことで、個人認証機能を強化しています。

こうしたセキュリティに関してご不安な方、お悩みがある方はドコモの「ネットトラブルあんしんサポート」をぜひご活用ください。コールセンターにお電話いただければ専門スタッフが悩みをお聞きして、ネットトラブルの解決を全面的にサポートします。

SMS認証が選ばれる理由とは

SMS認証は手間がかかるため設定していないという人もいるため、セキュリティレベルが下がっているアカウントは多いといわれています。このような方に向けて、ここでは、なぜSMS認証が選ばれているのかについて解説します。

SMS認証が選ばれる理由

SMS認証の最大のメリットは個人認証機能の強化、セキュリティの強化です。個人認証機能の強化としての具体的な内容と併せて、次のようなメリットも得られます。

・個人情報の保護
・アカウントの不正利用を防ぐ

また、導入する企業側の視点として

・セキュリティ対策導入コストが低い

という点もメリットとなります。

SMS認証を利用するメリットは、ユーザーはもちろんのこと、サービスを提供する企業側にも存在します。サービス提供企業は個人情報を守る義務があり、セキュリティ対策は欠かせないからです。

セキュリティ対策にはさまざまな方法が考えられますが、SMS認証は比較的導入コストも低く、不正アクセスやなりすましを防ぐことができる有効な手段です。もちろん、ユーザー側も自身のスマートフォンや携帯電話の電話番号だけで、不正アクセスやなりすましを防ぐことができ、手軽に個人認証機能を高められるメリットが得られます。
こうした背景があるため、数あるセキュリティ対策のなかからSMS認証が選ばれています。

セキュリティを考えてSMS認証は積極的に設定しよう!

SMS認証は先に述べたとおり、個人認証をスムーズに行なえる機能です。従来のユーザーID・パスワードによる本人認証と併せて利用することで、不正アクセスやなりすましを防ぐことができます。

SMS認証を利用する場面としては、インターネットサービスのログイン時やアプリのダウンロード時、インターネットバンキングの振り込み時などが挙げられます。多くの場合、従来のユーザーID・パスワードを利用したログイン方法と併せてSMS認証が用いられ、ログインにひと手間必要となりますが、近年のセキュリティ事情に鑑みると設定は必須といえるでしょう。

利用する際には、個人認証機能を高めるメリットもありますが、スマートフォンなどを紛失すると認証できなくなる点や、SMS認証に見せかけた詐欺メールなどが存在する点は考慮しておかなければなりません。

しかし、不正アクセスやなりすましを防ぐ有効的な手段ですので、お使いのサービスが対応している場合はぜひSMS認証を設定しましょう。

このように、私たちの日常生活には皆さんが知らないネットトラブルがたくさん潜んでいます。被害に遭った、不安があり悩んでいる、といった際はドコモの「ネットトラブルあんしんサポート」をぜひご活用ください。コールセンターにお電話いただければ専門スタッフが悩みをお聞きして、ネットトラブルの解決を全面的にサポートします。ぜひ一度ご相談ください。

※こちらの記事はドコモの「ネットトラブルあんしんサポート」を未契約の方でもご覧いただける無料記事です。
※ドコモの「ネットトラブルあんしんサポート」をご契約いただいた方が、専門コールセンターでの電話相談をご利用いただくことができます。

【監修】
株式会社エルテス デジタルリスクラボ編集部

【株式会社エルテスについて】
リスクに特化したビッグデータ解析を強みに、ソーシャルリスクを中心としたデジタルリスクを検知・解決するソリューションを提供しております。デジタルリスクとは、インターネット上での炎上・情報漏洩・従業員による内部不正・産業スパイなど、企業の競争力にも影響を与える重大なリスクを指し、当社ではそのデジタルリスクを分析することで、企業が抱える課題を解決するサービスを400社以上に提供しています。