インスタグラムのストーリーズとよくあるネットトラブル紹介

SNSに関心がある人のなかには、インスタグラムを利用して情報を発信している人も多いでしょう。インスタグラムの場合はほかのSNSとは異なり、写真などのビジュアルを前面に押し出している点が特徴の一つです。このことは「インスタ映え」という言葉が広く使われるようになった状況からも理解できるでしょう。

インスタグラムは写真や文章を投稿するほかにも、さまざまな使い方があります。インスタグラムの「ストーリーズ」と呼ばれる機能は、24時間が経過すると自動的に削除される点が最大の特徴です。そこで今回は、インスタグラムのストーリーズの機能や、利用することによって起こりうるネットトラブルなどについて詳しく解説していきます。

インスタグラムのストーリーズとはどんな機能?

インスタグラムには、「ストーリーズ」という機能があります。ストーリーズとは、画像や動画はもちろんのこと、文字のみの投稿などをシェアできる機能で、24時間限定で投稿できる点が魅力です。ストーリーズを利用した場合、24時間が経過した時点で投稿は自動的に削除されます。そのため、一時的に情報を発信したいときなどには特に適した機能といえるでしょう。

ストーリーズの使い方はとても簡単です。写真や動画を撮影した後、必要に応じて編集をしていきます。スタンプや文字入力などをして画像をデコレーションすることで、オリジナリティーに富んだ投稿が完成します。

たとえば、複数枚の写真がある場合にストーリーズの機能を使うと、データをつなぎ合わせることでスライドショーのような仕上がりの投稿になります。また、ストーリーズの場合でも、通常の投稿と同様にハッシュタグを付けたり、位置情報のタグ付けをしたりすることも可能です。ストーリーズを投稿した後には、きちんと投稿ができているかどうかをチェックしてみましょう。投稿したストーリーズは、ホーム画面の自分のアイコンから見ることができます。

フォローしている人の投稿が見たいときは、ニュースフィードから確認できます。芸能人やモデルなど気になる人のストーリーズをこまめにチェックしていけば、インスタグラムからトレンドをいち早くキャッチすることができるでしょう。

インスタグラムのストーリーズでよく起きるネットトラブルに要注意!

ストーリーズは24時間で投稿が削除されるため、ユーザーが気軽に情報発信できる点はメリットの一つです。しかし、インスタグラムの使い方によっては、トラブルに巻き込まれる可能性もあります。ストーリーズ投稿でよく起きているトラブルについて把握しておき、安全な使い方を心がけましょう。

ここからは、インスタグラムのストーリーズで起こる可能性があるネットトラブルを紹介します。

ストーリーズ投稿によるリスク

ストーリーズ投稿は24時間で消えるので、誰でも気軽に利用できます。しかし、一度投稿した画像や動画をスクリーンショットで画像として保存された場合、投稿自体は24時間で消えますが、誰かの手元に画像として残ってしまうため、拡散されるリスクがあります。
このようなケースでは、「スクリーンショットをとられた」と瞬時に投稿者に通知がくることはありません。

また、昨年外食チェーンなどでバイトテロが発生した際には、ストーリーズの動画を録画し画像ではなく動画としてWEB上に転載される事象も発生しています。スクリーンショットの場合と同じく、録画されて動画がアップされてもすぐに投稿者に通知がくるわけではないだけでなく、画像以上にインパクトが強いため、より拡散されるリスクがあります。

「24時間で消えるから」といって安易に投稿した内容が拡散したり、悪用されたりするトラブルを防ぐためにも、ストーリーズのリスクを正しく理解したうえで、投稿してよい内容かどうかという点を投稿前にしっかりと考えることが大切です。

トラブルにつながりやすい投稿例

ストーリーズは多くの人が使っている機能ですが、使い方によってはトラブルに発展するおそれもあります。たとえば、投稿した画像や動画から撮影場所が判明するケースです。
自宅付近や職場、学校などで撮影した画像を投稿すると、風景などから住所が簡単に特定できることがあります。住所などの個人情報が知られてしまうと、空き巣やストーカーの被害にあうおそれもあるので、投稿内容に名前や住所などの個人情報が写り込んでいないかどうかをしっかりとチェックしたうえで投稿しましょう。

また、ピースサインの写真を投稿しようとしている場合も注意が必要です。スマートフォンのカメラは高性能であるため、写真のピースサインから指紋が盗まれてしまう可能性があります。加えて、瞳の虹彩も利用されると、個人情報が流出するトラブルに巻き込まれるおそれがあります。そのため、指紋認証や虹彩認証などの生体認証機能として悪用される可能性がある体の部分が写り込んだ写真は、インスタグラムには投稿しないよう気をつけるのが無難です。自分の顔が写っている画像を投稿する場合は、あえて画質が悪い写真を投稿したり、ポーズに気をつけるなどの工夫をしましょう。

ほかにも、了承を得ずに他者が写り込んでいる場合もトラブルにつながるケースがあります。たとえば、入学式や運動会、学芸会など学校行事の写真です。これらの行事はお子さまだけでなく、親にとっても特別なものです。そのため、写真や動画をSNSに投稿することで感動を共有したいと考える人もいるでしょう。
しかし、どんなに親しい間柄であっても、SNSに自身の写真を投稿されたくないという人はいます。特に、お子さまの写真は児童ポルノとして悪用されるなどのリスクもあるので、安易にSNSに投稿するのは控えるべきです。家族や友人、会社の同僚など、複数名で撮影した写真などをストーリーズに投稿する場合は、投稿してよいものかどうかをあらかじめ確認し、了承を得ておくことが大切です。

もし、インスタグラムをはじめとしたSNSのトラブルでお悩みの方は、ドコモの「ネットトラブルあんしんサポート」をぜひご活用ください。コールセンターにお電話いただければ専門スタッフが悩みをお聞きして、ネットトラブルの解決を全面的にサポートします。

インスタグラムのストーリーズでトラブルを起こさないための使い方

ストーリーズでのトラブルを防ぐためには、しっかりと使い方を理解する必要があります。ここでは、ネットトラブルを起こさないストーリーズの使い方について具体的に紹介します。

プライバシー設定をする

ストーリーズを利用する場合は、プライバシー設定が可能です。アカウントに鍵をかけるのは誰でも行える方法なので、すぐに実践してみましょう。アカウントに鍵をかけてしまえば、フォロワー以外の人にストーリーズを見られる心配はありません。ただし、「自分のフォロワーはストーリーズをスクリーンショットして拡散することはないだろう」と油断し、気にせず何でも投稿すると拡散・炎上のリスクがあるので、節度のある投稿をすることが重要です。

また、公開範囲を限定するのもプライバシー設定としては効果的です。ストーリーズの投稿は24時間で削除されるので、拡散に対するリスクが軽視されがちという問題があります。拡散を防ぎたいなら、たとえば「親しい友達」に限定して投稿するという選択肢があります。特に、友達同士で旅行に出かけたり、食事をしたりしたときの画像を共有したいときには「親しい友達」に公開範囲を限定して、情報を共有するとよいでしょう。

さらに、「シェアの許可設定」を行うと、投稿者がシェアできる範囲を制限できます。インスタグラムのストーリーズは、フォロワーのみにシェアするのが基本です。しかし、たとえ自身のフォロワーであったとしても、内容によってはストーリーズを見られたくないということもあるでしょう。このような場合には、非公開機能で特定のユーザーをブロックすることもできます。あらかじめブロックしたいユーザーの設定を行うことによって、ストーリーズ投稿をより安全に楽しめるようになります。

リスクのある投稿は控える

インスタグラムのストーリーズを利用することでネットトラブルに巻き込まれないようにするためには、「24時間で消えるから大丈夫」という気持ちを抑えて、少しでもリスクがある投稿は控えるよう気をつけるのが無難です。ここまで投稿内容のリスクを紹介してきましたが、投稿内容にかかわらず、InstagramなどSNSに情報を掲載することのリスクを紹介します。

たとえば、自宅や勤務先の住所が特定されるリスクです。インスタグラムを利用している人のなかには、自撮り投稿を楽しんでいる人もいます。このような場合、位置情報をONにしたまま自宅や勤務先などで撮影した画像を投稿してしまうと、他者に住所を知られてしまうおそれがあります。安易に住所などの個人情報を発信してしまったことにより、最悪の場合いたずらやストーカー被害につながるケースもあるので、住所が特定されるような投稿は極力控えましょう。

また、自分が投稿した画像が悪用されるリスクもあるでしょう。たとえば、キーホルダーやキーケースを撮影した画像に、自宅や職場の鍵が写り込んでいたケースです。鍵を専門に扱う業者によっては、写真に写った鍵の番号をもとに、簡単に合鍵が作れるというサービスを提供しているところもあります。鍵の写真さえあれば、ネット注文で合鍵が作れてしまうのです。空き巣被害などを防ぐためにも、SNSには自宅などの鍵が写った写真を安易に投稿しないよう注意しましょう。

ストーリーズ機能を使う場合は慎重に!

インスタグラムのストーリーズは、一時的に情報を発信したいときにはとても便利です。加えて、撮影した画像・動画をスタンプや文字などで加工できる点も魅力の一つといえるでしょう。しかし、気軽に投稿できるがゆえに、ストーリーズの使い方を間違えてしまうとトラブルにつながるおそれもあります。一度ストーリーズで投稿した内容は、スクリーンショットなどによってコピーされ残り続ける危険性があることを私たちは理解し、利用することが重要なのです。

このように、私たちの日常生活には皆さんが気づきにくいネットトラブルがたくさん潜んでいます。被害に遭った、不安があり悩んでいる、といった際はドコモの「ネットトラブルあんしんサポート」をぜひご活用ください。

コールセンターにお電話いただければ専門スタッフが悩みをお聞きして、ネットトラブルの解決を全面的にサポートします。ぜひ一度ご相談ください。

※こちらの記事はドコモの「ネットトラブルあんしんサポート」を未契約の方でもご覧いただける無料記事です。
※ドコモの「ネットトラブルあんしんサポート」をご契約いただいた方が、専門コールセンターでの電話相談をご利用いただくことができます。

【監修】
株式会社エルテス デジタルリスクラボ編集部

【株式会社エルテスについて】
リスクに特化したビッグデータ解析を強みに、ソーシャルリスクを中心としたデジタルリスクを検知・解決するソリューションを提供しております。デジタルリスクとは、インターネット上での炎上・情報漏洩・従業員による内部不正・産業スパイなど、企業の競争力にも影響を与える重大なリスクを指し、当社ではそのデジタルリスクを分析することで、企業が抱える課題を解決するサービスを400社以上に提供しています。