アプリの位置情報は許可すべき?メリット&デメリットとは

世の中には、位置情報を利用したアプリが数多く存在します。アプリごとに位置情報の許可・不許可は設定できますが、アクセスを許可するべきかお悩みの方も多いのではないでしょうか。

アプリの位置情報へのアクセスを許可するかどうかは、許可した場合のメリットとデメリットをしっかりと把握した上で判断する必要があります。

今回は、位置情報に関する基本的な知識から解説し、位置情報を許可するメリット・デメリット、位置情報を許可する上での判断基準を紹介します。

そもそも位置情報とはどのような情報のこと?

位置情報とは主にGPS(全地球測位システム)を利用した、端末の現在地です。

たとえば地図アプリなどでは、地図上に自身の現在地が表示されますが、これは端末の位置情報を取得して表示しています。
位置情報は地図アプリ以外でもあらゆる場面で活用されており、近年では位置情報からユーザーの行動履歴を把握し、ユーザーに合わせた広告を配信するといった手法まで生まれています。

また、位置情報はGPSだけでなく、Wi-Fiなどのネットワーク接続でもある程度把握することが可能です。そのため、スマートフォンなどの携帯電話であれば、電波を中継する「基地局情報」も利用されています。

位置情報はゲームなどでも活用されており、私たちの生活をより便利にしたり、楽しみを増やしたりする目的で活用されているのです。

アプリ使用時の位置情報は許可すべき?許可した場合のメリット、デメリットとは

位置情報は私たちの生活をより便利にするものですが、メリットだけでなくデメリットも存在します。アプリ使用時の位置情報の許可・不許可は、これから紹介するメリットやデメリットを把握した上で判断しなければなりません。

位置情報を許可した場合のメリット

アプリで位置情報へのアクセスを許可すると、次のようなメリットが得られます。

・現在地から目的地までの経路案内が利用できる
・位置情報を利用したゲームが楽しめる
・写真をいつどこで撮影したか把握できる
・スマホなどの紛失時に簡単に見つけられる
・家族の居場所が確認できる
など

地図アプリやカーナビアプリなどでは、位置情報で現在地を取得して目的地までの経路案内を表示します。また、位置情報を利用することで、ゲームの世界と現実世界を融合させるようなゲームも存在します。

スマホで撮影する写真にはExif情報が保存されます。Exif情報とは、写真のサイズや色、撮影日、機種、撮影場所などの詳細なデータです。
カメラアプリに位置情報へのアクセスを許可していれば、どこで撮影したのかも同時に保存され、思い出をより鮮明に残すことができます。

そのほかにも、スマホ紛失時に簡単に見つけることができたり、家族の居場所が確認できたりと、位置情報へのアクセスを許可するとさまざまなメリットがあります。

位置情報を許可した場合のデメリット

反対に位置情報へのアクセスをアプリに許可した場合のデメリットとしては、次のようなものが挙げられます。

・SNS投稿情報等から、住所などが特定される
・ゲームなどを通じて大まかな生活範囲が知られる
・バッテリーの消費量が増える
など

SNSで位置情報の取得を許可してしまうと、投稿した際に現在地などが表示されてしまう可能性があります。さらに、GPSなどの通信量が増えることで、スマホのバッテリー消費が激しくなることも。

いずれにしても、位置情報を許可することによる影響をきちんと把握していれば、大きなデメリットとはいえないでしょう。位置情報は多くのメリットがあるため、位置情報を許可した際の影響をしっかりと把握して、うまく活用していきたいところです。

位置情報を許可するアプリとしないアプリ、どう分けるべき?

アプリの位置情報取得を許可するか判断する際は、位置情報を利用する目的をしっかりと把握することが大切です。判断する際の心構えやアプリの種別ごとの考え方を紹介します。

位置情報を利用する際の心構え

前提として、アプリの位置情報へのアクセスはむやみに許可しないことをおすすめします。アプリのなかには、本来は位置情報を必要としないにもかかわらず、アクセスの許可を求めるものも存在するからです。

そのため、初めはアプリの位置情報へのアクセスは不許可にしておき、必要に応じて許可をするとよいでしょう。そうすることで、想定外の位置情報漏れを防ぐことができます。

また、位置情報をサービス提供者に渡しても問題がないか、しっかりと確認することも大切です。サービス提供者の会社情報などを調べ、信頼たる企業や開発者であると判断できるのであれば、アクセスを許可してもよいでしょう。
世に出回っているアプリのなかには、あなたの個人情報を不正に窃取することを目的としたアプリも存在するため、むやみに許可することは避けたほうが無難といえます。

なお、アプリの位置情報へのアクセス許可は、いつでも変更することが可能です。そのため、必要な場合のみ位置情報を許可し、普段は許可をしない設定にして使用するのも一つの手です。たとえば、地図アプリで現在地を確認するときだけ許可するといった具合です。
OSによって異なりますが「位置情報サービス」「位置情報」などの設定項目があるため、こちらでオン・オフを切り替えて設定しましょう。

位置情報の取得を求められるアプリ

位置情報が求められるアプリは、次のようなものが存在します。

・地図アプリ
・カメラアプリ
・SNSアプリ
・セキュリティ対策アプリ
・ゲームアプリ
など

いずれのアプリも位置情報へのアクセスを求める理由は、ユーザーの利便性向上です。アプリの種別によって位置情報をどう使うかは異なりますが、なぜ位置情報を取得する必要があるのかが明確である場合は、アクセスを許可しても問題ない場合が多いでしょう。
たとえば、地図アプリは現在地を地図上に表示するためと推測が可能ですし、セキュリティ対策アプリであれば、スマホ紛失時の探索のためと考えられるでしょう。

逆に取得の必要性が明確でない場合は、許可すべきか慎重に判断すべきです。

位置情報の利用目的を把握して利用する!

アプリの位置情報は、GPSや携帯電話の基地局などから現在地を把握するために利用される情報です。アプリの位置情報を許可することで、私たちの生活はより便利になったり、楽しみが増えたりします。
しかし、アプリの位置情報へのアクセスをむやみに許可してしまうと、想定外の使われ方をしてしまい、自宅住所などを特定されてしまうこともあります。
アプリの位置情報は、アプリごとに利用目的をしっかりと把握し、TPOに応じて許可・不許可を設定するようにしましょう。

私たちの日常生活には皆さんが知らないさまざまなトラブルが潜んでいます。「被害に遭った」「不安があり悩んでいる」といった方は、ドコモの「ネットトラブルあんしんサポート」をぜひご活用ください。コールセンターにお電話いただければ専門スタッフが悩みをお聞きして、ネットトラブルの解決を全面的にサポートします。

※こちらの記事はドコモの「ネットトラブルあんしんサポート」を未契約の方でもご覧いただける無料記事です。
※ドコモの「ネットトラブルあんしんサポート」をご契約いただいた方が、専門コールセンターでの電話相談をご利用いただくことができます。

【監修】
株式会社フーバーブレイン  リサーチセンター

【株式会社フーバーブレインについて】
株式会社フーバーブレインは、サイバーセキュリティソリューションとして、情報通信技術(ICT)を悪用した外部からの不正プログラム(マルウェア)攻撃に対する防御の提供と、企業の内部関係者によるデータベースへの不正アクセス、情報漏えい等を防止する対策に加え、業務状況の可視化による業務効率改善および働き方分析の支援を行っています。