当選メール詐欺に要注意!
詐欺メールの見分け方と対策方法

「当選おめでとうございます!」というようなメールを受信した経験はないでしょうか。あなたが、抽選に応募した覚えがないにもかかわらず、このようなメールが届いた場合、それは「当選メール詐欺」である可能性が高いといえます。
当選メール詐欺によって、あなたの大切な個人情報が盗まれてしまうかもしれません。今回は、当選メール詐欺の手口から、文例や事例、特徴や見分け方を紹介し、被害にあわないための対策方法を解説します。

当選メール詐欺の手口とはどのようなもの?

当選メール詐欺は、メールでプレゼントやクーポンなどに当選したことを知らせて、詐欺サイトへ誘導する手口が一般的です。当選詐欺メールのなかには、高額な宝くじに当選したとして、銀行口座の情報などを入力させようとするものもあります。当選メール詐欺の目的はあなたを詐欺サイトへ誘導し、預金口座番号や暗証番号などの重要な個人情報を盗むことや、金銭を盗取することにあります。

当選メール詐欺は差出人を偽り、誰もが知る大企業や銀行、携帯キャリアのサポートセンターなどを装います。さまざまな手段で、あなたを詐欺サイトへと誘導しようとしているのです。

当選メール詐欺の事例や文面を紹介

実際に送られた当選メール詐欺の事例や文面を紹介します。当選メール詐欺の被害にあわないためにも、事例や文面の傾向を覚えて注意しましょう。

当選メール詐欺の事例

事例①

1億円の宝くじに当選したとメールが届き、初期設定費用としてプリペイド型の電子ギフトカードを購入するように指示され、電子ギフトカードの番号を送付。続けてさらに高額な電子ギフトカードの購入を指示された。
1億円が手に入るとのことで疑問を感じることなく指示に従い続けたが、400万円以上のギフトカードを購入しても一向に当選金はもらえなかった。

事例②

宝くじに挑戦しないかというメールが届き、軽い気持ちで氏名などを入力して返信。しばらくすると、1億円が当選したとのメールが届き、税金がかからない方法で受け取るための手続費用を要求され、ギフトカードで支払った。
300万円以上支払ったが当選金を受け取ることはなく、受け取りを秘密裏に行うためと指示され、メールデータはすべて削除してしまった。

どちらも高額の宝くじに当選した、という当選詐欺メールです。1億円を受け取ることができると信じ、数百万円を支払ってしまった事例となります。ギフトカードだけでなくクレジットカードによる支払いを指示されることもあり、最終的には連絡が取れなくなる場合が多いものです。
参照元:「高額のくじに当選した」というメールには注意しましょう(埼玉県)

当選メール詐欺の文面の例

文面の例①

今週のスペシャルクーポンを発行!
●●●が1個無料!
引き換えクーポンを下記URLからダウンロードして店頭でご利用ください!
URL:http://****.com/****.php

文面の例②

日頃のご利用に感謝いたしまして○○(キャリア名)では、こちらのメールが届いたお客様に高確率で高額当選できる宝くじを実施致します。
下記のURLへアクセスしていただくだけで結果がわかる!ただし本日限りでございます!
URL:http://xxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxx

こちらのメールはプライバシーポリシーを遵守し暗号化されております。

日付が変わりますとURLは無効化され、ご参加いただけなくなりますので予めご了承ください。

※自動送信のため返信不可。
※配信停止や各種お問い合わせも、上記のURL内のフォームよりお願いしております。

○○株式会社

文面の例①のクーポンは、本物も同様にメールで送付されることもあり、本物のクーポンメールを騙った一種の当選詐欺メールとなります。また、私たちを信用させるために文面の例②のように携帯キャリアを騙ったり、「本日限り」などのように緊急性を高めたりすることで、詐欺サイトへと誘導しようとするのです。

緊急性だけでなく、「○○人のなかから選ばれました」といった希少性を訴えかける例もあり、私たちに行動させようとさまざまな文面で送られてきます。

当選メール詐欺の特徴とは?その見分け方について

当選メール詐欺には一定の特徴があり、本物のメールとの見分け方も存在します。特徴や見分け方を知っていれば被害にあう可能性は低くなるため、一つずつ見ていきましょう。

当選メール詐欺の特徴

当選メール詐欺の特徴としては、次のようなものが挙げられます。

  • 日本語が不自然
  • 電子署名がない
  • 宛名が明記されていない

最も分かりやすい特徴としては、日本語が不自然であることでしょう。多くの当選メール詐欺は、誰もが知る企業を騙って送信されることが多いものです。企業から送られてくるメールのはずなのに、日本語が不自然である場合は偽物のメールと判断してよいでしょう。

次に、電子署名がない場合も偽物のメールである可能性が高まります。電子署名は、メールの差出人が本物であることを証明するためのものです。また、メールの中身が改ざんされた場合も分かるような仕組みとなっています。

最後に宛名が明記されていない場合です。特に宝くじの高額当選などは、宛先が間違っていると大変なことになるため、しっかりと「○○様」といった宛名が入るのではないでしょうか。しかし、当選詐欺メールは多くの人に送信されるものであるため、宛名が明記されていない場合が多く、この点も当選詐欺メールの特徴の一つといえるでしょう。

当選メール詐欺の見分け方

当選詐欺メールを見分けるには、次の3点に注目して確認しましょう。

  • 差出人のメールアドレスが正規のものか確認
  • メール本文のサイトURLが正規のものか確認
  • ネット上でメールのタイトルや「”送信元” 当選メール」等を、検索エンジンで調べてみる

実はメールの差出人名は自由に設定することが可能です。たとえば、携帯キャリアと関係のないメールアドレスから送信されたメールであっても、差出人名は「携帯キャリア」と設定できます。

そのため、差出人名で判断せず、メールアドレスまでしっかりと確認しましょう。差出人名と異なりメールアドレスを偽ることは難しいため、見分けることができます。

また、メール本文に記載されている誘導先のサイトURLも同様に確認しましょう。携帯キャリアや企業からのメールであるにもかかわらず、全く関係のないURLである場合は当選詐欺メールと判断できます。

これ以外に、検索エンジンでメールのタイトルや本文に含まれるワードなどで検索してみるとよいでしょう。すでに被害にあっている人が注意喚起の意味で情報をインターネットに公開している場合もあります。また、仮に正しい情報の場合、当選者発表などのリリースがあることで確認も可能になります。

なお、メール本文に乗っているリンクは偽装されている場合もあるため、クリックする際は十分に注意しましょう。パソコンの場合、リンク先のURLアドレスは、マウスカーソルを合わせることで確認ができます。遷移先のURLが意図したものかしっかり確認してください。

当選メール詐欺の被害にあわないための対策

当選メール詐欺の被害にあわないためには、具体的にどのような対策を行えばよいでしょうか。具体的な対策方法について一つずつ紹介していきます。

当選メールに疑いを持つ

そもそも、応募していないにもかかわらず当選メールが届くこと自体がおかしい、ということに気づくことが最も大切です。応募しなければ当選することはありえません。

プレゼント、当選といった言葉のあるメールには、詐欺の可能性があることを覚えておくだけでも対策となります。「うまい話には裏がある」という言葉もある通り、あなたにとって都合の良いメールが届いたときには、詐欺の可能性を疑いましょう。

セキュリティ対策ソフトを導入する

当選メール詐欺のような不審なメールを受信しないように設定するための対策として、セキュリティ対策ソフトの導入が挙げられます。

一昔前まではウイルス対策ソフトとして販売されていることが多く、当選メール詐欺のようなメールには対応できないことが多いものでした。しかし、現在販売されているセキュリティ対策ソフトは、当選メール詐欺を含む不審なメールのフィルタリング機能を搭載しているものも多く、対策することが可能となっています。

また、怪しいメールを送信するドメインは同じものが使われることが多く、ドメインによってフィルターをかける「ドメインフィルター」を利用することも有効です。セキュリティ対策ソフトの中には、ドメインフィルターと同様の機能が搭載されているものもあるため、導入されていない方は導入することを考えてみてはいかがでしょうか。

差出人をメールアドレスまでしっかりと確認する

見分け方でもお話ししたとおり、差出人名だけでなくメールアドレスやサイトURLまでしっかりと確認しましょう。正規のメールの場合は、必ず公式企業と同じドメインを使用しています。

また、メールアドレスとサイトURLの双方にいえることですが、「o(オー)」と「0(ゼロ)」のように、見間違う可能性があるものが意図的に使われることもあります。たとえば、「yamabiko.aa.bb.cc」と「yamabik0.aa.bb.cc」(o(オー)と0(ゼロ)を入れ替え)のように、一見してわからないアドレスが使用されると、正規のメールだと思ってクリックしてしまう可能性があるため、しっかりと確認しなければなりません。

検索エンジンなどで確認する

当選メール詐欺は、大量に送信されていることが多いため、すでに被害にあっていたり、怪しいと感じている人もいます。インターネットでこうした情報を共有している人もいるため、少しでも怪しいと感じたら、まずはタイトルや差出人、メールの書き出しなどで検索をかけ、情報が公開されていないか確認しましょう。

また検索エンジンで出てこなかった場合、SNSなどでも検索をかけてみるとよいでしょう。送られてきた詐欺の当選メールは、まだ出回って間もない可能性もあり、その場合検索エンジンでは出てこない場合もあります。一方SNSではかなり早い段階で情報が共有されている場合があるため、検索エンジンで出てこなかったから大丈夫と考えず、SNSでも確認してみるようにしましょう。

当選メール詐欺は誰もが被害にあう可能性があるため要注意!

当選メール詐欺は、あなたの個人情報や金銭を盗取する目的で送られてきます。ここで紹介した事例のような被害にあわないためにも、当選詐欺メールの特徴や見分け方を覚えておきましょう。

また、当選メール詐欺の対策方法としては、「プレゼント」「当選」などの言葉に疑いを持つことや、セキュリティ対策ソフトを導入すること、メールアドレスまでしっかりと確認することが有効です。ぜひこの記事の内容を参考に対策を行ってみてはいかがでしょうか。

このように、私たちの日常生活には皆さんが気づきにくいネットトラブルがたくさん潜んでいます。被害に遭った、不安があり悩んでいる、といった際はドコモの「ネットトラブルあんしんサポート」をぜひご活用ください。コールセンターにお電話いただければ専門スタッフが悩みをお聞きして、ネットトラブルの解決を全面的にサポートします。ぜひ一度ご相談ください。

※こちらの記事はドコモの「ネットトラブルあんしんサポート」を未契約の方でもご覧いただける無料記事です。
※ドコモの「ネットトラブルあんしんサポート」をご契約いただいた方が、専門コールセンターでの電話相談をご利用いただくことができます。

【監修】
株式会社フーバーブレイン  リサーチセンター

【株式会社フーバーブレインについて】

株式会社フーバーブレインは、サイバーセキュリティソリューションとして、情報通信技術(ICT)を悪用した外部からの不正プログラム(マルウェア)攻撃に対する防御の提供と、企業の内部関係者によるデータベースへの不正アクセス、情報漏えい等を防止する対策に加え、業務状況の可視化による業務効率改善および働き方分析の支援を行っています。