「詐欺メール・迷惑メール」を
見分けるポイントとは?

普段、パソコンやスマホを使ってメールを利用するなかで、自分の知らない送信元からメールが送られてくることはないでしょうか。そのようなメールは詐欺メール・迷惑メールである可能性があります。

今回は、詐欺メールの特徴から具体例について紹介し、見分け方や対策方法について解説します。

詐欺メール・迷惑メールとはどのようなもの?

迷惑メールとは「受信者の意思に関わらず、勝手に送りつけられてくるメール」の総称で、そのなかでも「金銭や個人情報を騙し取ろうとする」ものが詐欺メールです。こうしたメールにはいくつか種類があります。

  • 架空請求メール
  • 不当請求メール
  • ウイルスメール

など

架空請求メール・不当請求メールは、身に覚えがないにも関わらず、金銭や個人情報を騙し取る目的で送られる詐欺メールです。

また、メールにウイルスファイルを添付したウイルスメールにも注意しなければなりません。ウイルスに感染することで、あなたの知らないうちにさまざまな情報を盗み取られてしまう可能性があります。

そのほかにも、お金儲けに関する詐欺情報を送るメールや、アダルトコンテンツに関するメールなど、迷惑メールには非常に多くの種類が存在しています。

詐欺メールの具体的な内容について

詐欺メール・迷惑メールの手口について、具体的にメールの文面とあわせて見ていきましょう。一般的な電子メールとあわせて、スマホの電話番号でメッセージをやり取りするSMSでもこれらのメールは届くため、電子メールとSMSに分けて紹介します。

それぞれの特徴として、電子メールは文字数に制限がほぼないため情報量が多く、一見すると本物のメールと見間違うほど作り込まれている場合が多いといえます。反対に、SMSは文字数が限られているため文章は簡潔であり、すぐにURLへと誘導している点が特徴です。

具体例1:運送会社を装った詐欺メール

最近では、宅配便の再配達を電話ではなくインターネット上から依頼できるサービスが増えてきました。そのサービスを悪用した詐欺メールを、まずはご紹介します。記載されたURLにアクセスすることで不正にあなたの個人情報などを盗み取ろうとする詐欺メールの例です。

【SMSの例】

お客様宛のお荷物をお届けにあがりましたが、不在のため持ち帰りました。下記よりご確認ください。http://******.com

【電子メールの例】

○○○○輸送より、お荷物のお届けについてお知らせします。

■お届け予定日時
2019/XX/XX 時間帯指定なし
下記よりお届け日時の変更が可能です。
http://xxxxxxx.com/

■ご依頼者名
○○○○様

■伝票番号
XXXX-XXXX-XXXX

ただいまの輸送状況を確認する場合は、こちらから行えます→http://xxxxx.com/

具体例2:回線停止の迷惑メール

携帯電話携帯電話会社を装い、受け取った人が思わずドキッとしてしまう詐欺メールの例です。実際には、携帯電話キャリアからこのようなメールが送られることがありませんが、不安を煽るような迷惑メールを送り、問い合わせをさせて電話番号などの情報を収集する手口もあることを知っておきましょう。

【SMSの例】

重要なお知らせです。お客様がご契約いただいている電話回線契約にて違反が発生したため、本日中に回線を停止いたします。
窓口(XXX-XXXX-XXXX)にご連絡をお願いします。

【電子メールの例】

○○○○様

平素より、弊社のサービスをご利用いただきありがとうございます。
今回は、お客様がご契約いただいている電話回線契約にて、違反が発生したことを確認いたしました。


本日中にご契約いただいている電話回線を停止させていただきます。
ご不明点等ございましたら「お客様サポートセンター」までお問い合わせください。
※本メールへの返信はできません。
-----
お客様サポートセンター
XXX-XXXX-XXXX(電話番号)
xxx@mail.com
-----

具体例3:キャンペーンを装った詐欺メール、迷惑メール

実際に行われているキャンペーンを装ったものや、高額当選をしたように装う詐欺メールの例です。記載されたウェブサイトにアクセスすると、あなたの個人情報などが盗み取られたり、ウイルス感染させたりします。

【SMSの例】

1,000万円プレゼントキャンペーンに当選しました!詳しくはこちらのページで確認してください→http://xxxxxxxx.com/

【電子メールの例】

おめでとうございます!

この度は、弊社の1,000万円プレゼントキャンペーンへのご応募ありがとうございました。
厳正なる抽選の結果、貴方様が当選されたことをお知らせいたします。

現金のお受け取り方法や、各種手続きについては以下のページにアクセスしてご確認ください。
http://xxxxxx.com/

具体例4:銀行などの金融機関を装った詐欺メール

銀行などの金融機関を装い、あなたの口座情報やログイン情報を盗み取ろうとする詐欺メールの例です。記載されたURLにアクセスすると、本物のホームページに装ったデザインで「口座情報を入力してください」など、個人情報を引き出そうとする仕掛けがされています。
実際に銀行などの金融機関を装う詐欺メールは非常に多く、不正に口座からお金を引き落とされる被害も発生しているので要注意です。

【SMSの例】

【○○銀行】お客様がご利用の口座が不正利用されている可能性があります。口座一時利用停止、再開手続き:http://xxxxx.com/

【電子メールの例】

○○銀行 お客様サポート

このメールは、ご利用の口座が不正利用されている可能性のある方へお送りしています。
=====================
お客様がご利用の口座が不正利用されているかを確認するためには、至急以下のURLをクリックしてください。
(PC・スマートフォンからご利用いただけます)
http://xxxxxxx.com/

※このメールアドレスにご返信いただいても、ご返答はできません。お問い合わせはヘルプページよりお問い合わせください。

詐欺メールの見分け方とは

詐欺メールは、本物のメールを装っていることが多いため、しっかりと見分ける必要があります。具体的にどのような点に注目して見分ければよいか解説します。

送信元のメールアドレスを確認

詐欺メールや迷惑メールの多くは、本物のメールを装っていますが、送信元のメールアドレスまで完璧に真似することは不可能です。そのため、送信元のメールアドレスが本物のメールアドレスかどうかを確認することで、詐欺メールを見分けることができます。

場合によっては見間違うようなメールアドレスを利用していることもあるため、注意深く確認する必要があります。たとえば、Yahoo!からのメールを装ったメールアドレスで、o(オー)の部分を0(ゼロ)に置き換えるものなどがありますので注意しましょう。

(正しいメールアドレスの例)xxx@yahoo.co.jp
(装ったメールアドレスの例)xxx@yah00.co.jp

宛先に個人が特定できるアドレスが複数記載されているか確認

電子メールは、一度に複数人に送信することができます。しかし、重要な情報は個人宛に送信することが一般的であり、宛先にはあなた以外のメールアドレスは記載されないでしょう。つまり、メールの宛先を確認した際、あなた以外の個人メールアドレスが複数記載されている場合は、詐欺メールである可能性が高いと判断できます。

添付ファイルや本文中のURLに注意

電子メールはファイルを添付して送付することが可能です。実際にファイルを添付してメールのやりとりを行った経験がある人も多いと思いますが、添付ファイルのなかにウイルスが含まれている場合があるため注意しましょう。
特に添付ファイルの拡張子が「.xlsm」や「.exe」「.bat」「.zip」などのファイルは、ウイルスが含まれている可能性が高まるため、信頼できる送信元以外からはダウンロード等しないようにします。

また、本文中にウェブサイトのURLが記載されている文面が多いですが、その場合は本物のウェブサイトのURLと比較してしっかり確認しましょう。「送信元メールアドレスを確認」でお話したとおり、本物のウェブサイトのURLを完璧に真似することは不可能ですが、見間違うようなURLになっている可能性があるためです。

詐欺メール・迷惑メールに騙されないための対策方法

詐欺メールに引っかからないための具体的な対策方法について解説します。すぐに実行できるものも含まれていますので、ぜひ実践してみてください。

メールアドレスを不用意に公開しない

はじめに注意するべき点として、あなたのメールアドレスを不用意に公開しないようにしましょう。詐欺メールや迷惑メールは、あなたのメールアドレスを知らなければ基本的には送られてくることはありません。ただし、簡単な文字列だとランダムに一斉送信された時にたまたま届いてしまう、という可能性もゼロではありません。そのため、できるだけ英数字を混ぜた複雑なメールアドレスにすることが望ましいでしょう。

メールアドレスは、さまざまなウェブサービスなどの登録で記載することがありますが、運営会社がわからないウェブサービスには登録しない、SNSなどで公開しないようにすることが大切です。

インターネット上で調べてみる

特に最近の詐欺メールは巧妙に作り込まれ、一見、正規・正式のものと見分けるのは非常に困難になってきています。
「これは正式なものかもしれない。」と不安になった時は、送信元メールアドレスや内容をインターネット上で検索してみることも有効です。正式な事業者のホームページ等で、詐欺メールの特徴や正規なメールとの違いが広報されていることも多いので、真偽の判断に役立ちます。

身に覚えのない内容のメールは無視する

詐欺メールや迷惑メールが届いても、無視をすることが最も有効な対策方法です。詐欺メールや迷惑メール内に記載されているURLをクリックしたり、返信したりすると、あなたの情報を盗み取られる可能性があり、さらに詐欺メールや迷惑メールが届くことになります。

特にメールに記載されているURLをクリックすることで、怪しいウェブサイトへ誘導しようとする詐欺メールは非常に多いため、不用意にURLをクリックしないようにしましょう。

スマートフォンや携帯電話の「迷惑メールブロック機能」を使う

スマートフォンや携帯電話には、キャリアが用意した迷惑メールブロック機能があります。迷惑メールブロック機能を利用することで、あなたのもとに詐欺メールや迷惑メールが届くリスクを下げることが出来るため、一度試してみてはいかがでしょうか。
※参考 ドコモの迷惑メールブロック機能

迷惑メールブロック機能のなかには、ウイルスチェック機能を含んでいるものもありますので、不安のある方はぜひ利用しましょう。

詐欺メールや迷惑メールは予防が大事!不用意にメールアドレスは公開しない&届いても相手にしない!

詐欺メールや迷惑メールは、あなたの意思に関わらず、勝手に送りつけられてきます。なかには、あなたの個人情報や金銭を騙し取る目的で送られる詐欺メールもあるため、注意しなければなりません。そういったメールは無視することが最も効果的ですが、迷惑メールブロック機能を使ったり、不用意にメールアドレス公開しないようにしたりすることで、「そもそも受信しない」というかたちで予防することも可能です。

また、メールアドレスを公開していなかったとしても迷惑メール・詐欺メールが届くこともあります。その際も慌てて開封したりせず、相手にしない・無視をすることが重要です。

相手の手口を知り、リテラシーを身につけることでトラブルから身を守ることが、一番の予防となるのです。

このように、私たちの日常生活には気づきにくいネットトラブルがたくさん潜んでいます。被害に遭った、不安があり悩んでいる、といった際はドコモの「ネットトラブルあんしんサポート」をぜひご活用ください。コールセンターにお電話いただければ専門スタッフが悩みをお聞きして、ネットトラブルの解決を全面的にサポートします。ぜひ一度ご相談ください。

※こちらの記事はドコモの「ネットトラブルあんしんサポート」を未契約の方でもご覧いただける無料記事です。

※ドコモの「ネットトラブルあんしんサポート」をご契約いただいた方が、専門コールセンターでの電話相談をご利用いただくことができます。


【監修】
(株)エルテス リスクコンサルティング部 シニアマネジャー 森田博隆
2011年に同社に入社し、多くの大手企業の担当を経て現職。
リスクコンサルタントとして全国100社以上のクライアントに対してWeb上の炎上予防や事後のブランドイメージ回復の為の対策支援を行っている