スマホの乗っ取りの手口とは?乗っ取られているかの確認方法

スマートフォンは、今や私たちの生活になくてはならないアイテムです。しかし、気づかないうちに、自分のスマホが第三者に乗っ取られていたらどうでしょうか。スマホが乗っ取られてしまうと、自分の意思とは関係なく思わぬ被害が発生する恐れがあります。
スマホにはたくさんの個人情報が保有されているため、安全な利用を心がけることが大切です。

今回は、スマホの乗っ取りの手口を紹介するとともに、万が一スマホが乗っ取られたときの対処法や、スマホを乗っ取られないための対策などについて、詳しく解説していきます。安心して使うためにも、乗っ取りの手口や乗っ取られたときの対処法を正しく理解しておきましょう。

スマホの乗っ取りとは?

スマホの乗っ取りとは、第三者によって自身のスマホを遠隔操作されたり、操作不能にされたりするなどの行為を指します。

スマホが乗っ取られてしまうと、さまざまな不都合が起こります。
たとえば、個人情報の流出です。スマホには電話番号はもちろんのこと、メールアドレスや氏名、生年月日、SNSの情報などたくさんの個人情報が保存されており、これらが悪用される危険性があります。また、場合によっては、端末自体が使えなくなってしまうこともあります。

ほかにも、ネットサービスの不正利用が起こる恐れもあります。クレジットカード番号などをスマホに登録した状態で乗っ取りに合うと、第三者によってクレジットカードが勝手に利用されるなどの被害につながる可能性があります。定期的に明細を確認するなど日頃から不自然な点がないか気にかけることが大切です。

スマホが乗っ取られるとどのような被害があるの?

スマホが乗っ取られると、具体的にどのような被害があるのでしょうか。
スマホの乗っ取りは、本人が気づいていない場合も多く、本人が知らないうちに被害が悪化するケースも少なくありません。早い段階で適切な対処法を講じるためには、乗っ取られたことで発生する具体的な被害内容について把握しておくことが大切です。

カメラやマイクの遠隔操作による盗撮・盗聴

まず、スマホが乗っ取られると、第三者であってもカメラやマイクの遠隔操作が簡単にできるようになります。すると、乗っ取ったスマホのカメラ・マイクを悪用して盗撮や盗聴をするなどの被害が起こる恐れがあります。また、盗撮や盗聴によって、住所や職業が特定されてしまう可能性もあります。

位置情報の特定

スマホを利用していると、位置情報を求められることが多々あります。位置情報はSNSや地図アプリ、ゲーム、天気予報などで利用されることが多く、位置情報を設定しておくと、サービスの精度が上がるため、ユーザーにとってはとても便利な機能です。しかし、悪意のある第三者によって位置情報が特定されてしまうと、自分の居場所まで他者に知られることになるため注意が必要です。
たとえば、画像にはExif(イグジフ)と呼ばれる、位置情報が埋め込まれているデータがあります。大手のSNSでは、これらは自動的に削除してアップロードされますが、すべてのアプリでこうした対応がとられているわけではありません。そのため、仮にExifが削除されずにアップロードできてしまうアプリの場合、写真をとった位置がわかってしまうことになります。
こうしたアプリに「自宅の窓から撮った夕焼け」などのコメントとともにExifの残っている写真をアップロードしてしまった場合、自宅の位置がバレてしまい、ストーカー被害に遭うといった危険性もあります。

ウイルスによる個人情報流出

先述したように、スマホには電話番号だけでなく、クレジットカード番号など多くの個人情報が入っています。不審なアプリをダウンロードした結果、スマホがウイルスに感染し、これらの個人情報が流出する場合もあります。
個人情報が流出すると、自分のスマホに登録している家族や友人にまで乗っ取りの被害が拡大する恐れもあります。

アカウントの乗っ取り、不正利用

第三者にアカウントが乗っ取られると、さまざまなネットサービスが勝手に利用される危険があります。ネットバンキングやネットショッピングなどを利用している場合は、大きな被害につながることもあり得るため、十分な注意が必要です。

スマホを使っている以上、乗っ取りの被害に遭う可能性は誰でもあります。スマホの乗っ取りが心配な方は、ドコモの「ネットトラブルあんしんサポート」をぜひご活用ください。

スマホ乗っ取りの手口とは?

スマホの乗っ取りには、いくつかの手口があります。代表的なものを押さえておき、第三者にスマホが乗っ取られないようにしましょう。

不正なアプリ、ウイルス

スマホで入手できるアプリはすべて安全というわけではありません。なかには悪意を持って作られたアプリも多くあるので、不正なアプリはダウンロードしないように気をつける必要があります。

不正なアプリをダウンロードした場合は、ウイルスや不正プログラムも一緒に取り込んでいるケースも多いため、「興味がある」「無料だから」という理由でダウンロードしないように注意しましょう。

怪しいリンク、Webサイト

スマホユーザーのなかには、身に覚えがない差出人からのメールや、怪しいダイレクトメールが届いた経験のある人もいるでしょう。怪しいメッセージが届いた場合、添付されているURLにアクセスしてしまうとスマホがウイルスに感染してしまい、スマホが第三者に乗っ取られる可能性があります。

不審なWi-Fiアクセスポイント

スマホの利用者が増加し、最近では誰でも無料で利用できるWi-Fiスポットを設置する店舗や施設が多く見られるようになりました。ただし、Wi-Fiスポットはすべてあんしん安全というわけではありません。

悪意を持って設置されたWi-Fiスポットを利用すると、不正なサイトに誘導される危険性があります。また、第三者にスマホの通信内容が盗まれてしまうなどの被害につながる恐れもあるでしょう。

スマホが乗っ取られているかどうか確認するには

普段から注意してスマホを利用している人であっても、知らず知らずのうちにスマホが乗っ取られてしまうことはあるでしょう。ここでは、自分のスマホが第三者に乗っ取られているかどうかを確認する3つの方法をご紹介します。

セキュリティアプリでチェック

スマホが乗っ取られているかどうかを簡単に調べることができる有効な方法です。スマホが乗っ取られているときは、ウイルス感染が起きているケースがほとんどです。セキュリティアプリを用いてウイルス感染がないかどうかをチェックしてみましょう。

見覚えのないメール、アプリがないかチェック

定期的にメールの送信ボックスなどを確認して、覚えのないメールが送信されていないかどうかを確認しましょう。万が一、覚えのないメールが送信されていた場合は、スマホが乗っ取られている可能性があります。また、ダウンロードをしていないアプリが画面上にある場合も、スマホが第三者によって操作されている可能性が高いと判断できます。

通信量が不自然に増えていないかチェック

身に覚えのないところで自分のスマホが操作されている場合は、使用状況にともなって通信量も増えるのが一般的です。ほかの月と比較して不自然に通信料が増えているなどの異常が確認された場合は、スマホが乗っ取られている可能性があります。

スマホが乗っ取られたときにすべきことと乗っ取られないための対策

スマホが乗っ取られた際にすぐに行うべき対処と、乗っ取られないための対策を紹介します。

対処法1. 不審なアプリの削除

スマホが乗っ取られている、もしくは乗っ取られたのではないかという疑いがある場合は、不審なアプリがないかどうかをチェックしてみましょう。もしインストールした覚えのないアプリを見つけた場合は、第三者がスマホを操作している可能性が高いため、すぐにアンインストールしましょう。

対処法2. スマホの初期化

スマホを初期化すると、工場出荷時の状態に戻すことができます。そのため、スマホを乗っ取られているのであれば、スマホを初期化してしまうという方法はとても効果的です。スマホを初期化すると、当然ウイルスや不審なアプリなどもすべて削除されます。

ただし、写真や動画、連絡先などの貴重なデータも削除されてしまいます。なくなると困るデータのバックアップをとってから初期化しましょう。

対処法3. SNSなどのパスワードの変更

SNSをチェックし、不審な使用履歴が確認できた場合は、スマホが乗っ取られている可能性が高いです。SNSなどで身に覚えのないメッセージやログイン履歴などが見つかったら、SNSなどのパスワードをすぐに変更しましょう。

また、パスワードを勝手に変えられてしまい、自分のSNSなどにログインできないケースもあります。ログインできないときは、サービス元に連絡をしてアカウント停止の手続きを進めます。

対策1. アプリをダウンロードするサイトを吟味する

スマホをより快適に使うために、アプリをたくさんダウンロードする人は多いでしょう。スマホの乗っ取りを防ぐためには、アプリのダウンロード元が信用できるサイトか確認することが重要です。

iPhoneを使っているなら「Apple Store」、Androidなら「Playストア」からアプリをダウンロードするように決めておき、これらのストア以外の場所からはダウンロードはしないのが無難です。信用できるサイトだと判断した場合でも、概要や規約、アクセス許可内容などはしっかりと確認しておきましょう。

対策2. 無料Wi-Fiをむやみに利用しない

無料Wi-Fiは、スマホのユーザーにとって大変便利なサービスです。無料Wi-Fiを利用する場合は、サービス提供者が明確にされている自治体や大手企業が提供しているものを利用するのが望ましいといえます。しかし、なかには、サービス提供者が不明な無料Wi-Fiや、偽のWi-Fiスポットがあるのも事実です。無料Wi-Fiを利用する際には、無料だからといってむやみに利用しないように気をつけましょう。

また、Wi-Fiのアクセスポイントは、回線名の横に鍵マークがあるところを利用した方が安全です。鍵マークの付いたアクセスポイントは、セキュリティ保護のあるWi-Fiスポットという意味です。万が一、セキュリティ保護のないWi-Fiを利用するのであれば、IDやパスワードを用いてログインをしなければならないサイトへのアクセスは極力控えるようにしましょう。

対策3. 不審なリンクにはアクセスしない

メールやSNSなどで、不審なリンクが届く危険性は誰にでもあります。このとき、「仲のよい友人から届いたメッセージだから大丈夫」などとあんしんして、リンクにアクセスするのはとても危険な行為です。このケースでは、友人のスマホがすでに第三者に乗っ取られている可能性もあります。たとえ知人からのメッセージであったとしても、信用できないリンクにはアクセスしないことが大切です。

普段から乗っ取り対策を意識して被害を防ごう

スマートフォンの乗っ取りに対しては、普段から不審なアプリをダウンロードしないように気をつけたり、定期的にメールボックスをチェックしたりすることが大切です。
スマホが乗っ取られてしまうと、家族や友人にまで被害が拡大する危険性があるので、素早い対処を心がけましょう。

このように、私たちの日常生活には気づきにくいネットトラブルがたくさん潜んでいます。被害に遭った、不安があり悩んでいる、といった際はドコモの「ネットトラブルあんしんサポート」をぜひご活用ください。コールセンターにお電話いただければ専門スタッフが悩みをお聞きして、ネットトラブルの解決を全面的にサポートします。ぜひ一度ご相談ください。

※こちらの記事はドコモの「ネットトラブルあんしんサポート」を未契約の方でもご覧いただける無料記事です。
※ドコモの「ネットトラブルあんしんサポート」をご契約いただいた方が、専門コールセンターでの電話相談をご利用いただくことができます。

【監修】
株式会社フーバーブレイン  リサーチセンター

【株式会社フーバーブレインについて】
株式会社フーバーブレインは、サイバーセキュリティソリューションとして、情報通信技術(ICT)を悪用した外部からの不正プログラム(マルウェア)攻撃に対する防御の提供と、企業の内部関係者によるデータベースへの不正アクセス、情報漏えい等を防止する対策に加え、業務状況の可視化によるテレワーク環境の構築および働き方分析の支援を行っています。