ECサイトのレビューに潜む罠と回避方法とは

ECサイトでショッピングするときは、購入者のレビューを参考にすることが多いのではないでしょうか。購入した人にしかわからないことを事前に把握できるため、商品詳細と合わせて活用すれば、購入を悩む人にとって有益なアドバイスとなります。しかし、レビューのなかには自作自演で投稿されているケースがあるので、信ぴょう性の有無を確認しながら活用しなければなりません。

今回は、ECサイトのレビューを鵜呑みにして失敗してしまったという事例をご紹介していきます。誰にでも起こりうるレビューの罠なので、対処方法をしっかり学んでおきましょう。

みんなが書いたレビューだから、信頼したのに…

Aさんは、都内の企業で勤務する30代の女性会社員です。もともと、SNSを楽しむ程度でしたが、最近はECサイトの便利さに気付いてインターネットショッピングを利用する機会も増えていきました。

ある日、Aさんが勤める企業で在宅ワークが推奨され、Aさんも在宅勤務することになりました。在宅ワークに向けて、会社からはパソコンやWi-Fiなどが支給されましたが、仕事の効率を考えるとほかにも機器をそろえる必要がありました。そこで、Aさんは「在宅勤務の効率を上げるためにも、いろいろとグッズを買っちゃおうかな。プライベートでも使えるし。とりあえず、コネクターは何年も使っているから買替えよう!」と、普段からよく利用するECサイトでコネクターを探してみることにしたようです。

実際にコネクターを探してみると、これらの商品は高額のものが多く、商品の仕様も多種多様で、スムーズに商品を選ぶことができませんでした。Aさんは現実を目のあたりにし、途方に暮れてしまいましたが、これまであまり注目していなかったレビューの存在に気が付きます。

各商品のレビューでは、購入した人が星マークの5段階で評価していて、その商品の良かった点や悪かった点についても感想が記載されていました。なかなか商品が決まらないAさんにとって、これは非常に有益な情報となったようです。

早速、購入に迷っていたコネクターのレビューを見てみると、「自分が採用しているパソコンとも問題なく接続できました!どんな OSでも対応するので、あんしんして利用できます!」などと、複数のユーザーから高評価が付けられていました。Aさんは「これだけ高評価が付いていて、どのパソコンでも使えると書いているし、大丈夫そうだな。」と考え、それ以上詳しく調べることなくこの商品を購入することに決めました。