子どものスマホ利用には十分注意を!
知らぬ間に高額請求がきてしまうことも…?

日常場面のありとあらゆる用途に対応してくれるスマートフォン。最近、このスマホの機能の豊富さゆえのネットトラブルが急増しています。たとえば、子どもに預けて好きなように使わせてしまったがために、大人が思いもしない操作が行われ、あとでトラブルになるといったケースです。具体的なトラブルの事例とともに、その対処法などについて確認していきましょう。

子どものゲームアプリ利用、
きちんと管理していたつもりなのに…突然の高額請求

Aさんは専業主婦で、小学生の息子B君の子育てをしています。
最近B君が夢中になっているのは、某有名アニメキャラクターが登場するスマートフォンのゲームアプリ。このゲームは敵と対戦しながら主人公を強くさせていくゲームで、プレイ自体は誰でも無料で開始することができます。しかし、ゲーム内ではあちこちに課金の仕組みが取り入れられており、例えば有料の課金アイテムを購入することで効率的にキャラクターを育てることが出来る、などの機能がありました。

ある日、B君が浮かない顔をしていました。AさんはB君に「どうしたの?元気ないじゃない。」と声をかけると、B君が「新しく出てきたボスが強くて全然勝てないの…。このアイテム、買ってほしいなあ。」と答えました。そしてB君が見せてきたのは、キャラクターを強くさせる有料の課金アイテムでした。

「わかった、200円くらいだったら買ってあげる。貸して。」Aさんは購入用のパスワードを入力し、200円だけ課金してからB君にスマートフォンを返しました。アイテムを購入してもらい、お目当てのアイテムが手に入ったB君はとても喜んでいました。

しかし、この話はここでは終わりませんでした。