ネット上で誹謗中傷を受けたとき発信者情報開示請求を弁護士に依頼することのメリットと費用負担

提供: 弁護士ドットコム

SNSや匿名掲示板で誹謗中傷を受けたとき、加害者に損害賠償などを求めたいと考える人もいるでしょう。開示請求は個人でも行うことは可能ですが、様々な手続きを迅速に進める必要があるため、専門家である弁護士に依頼したほうが加害者を特定できる可能性が高まります。弁護士に依頼することのメリットや、弁護士費用を加害者に負担させることはできるのかといった疑問について、弁護士ドットコムの「みんなの法律相談」に寄せられた実際の相談事例と弁護士の回答を元に解説します。

目次

  1. なぜ急ぐ必要があるのか
  2. 弁護士に依頼すれば必ず特定できるのか
  3. 加害者に弁護士費用も請求できる?
  4. Q&Aまとめ