「発信者情報開示請求」の流れは?
示談金はいくら必要?

提供: 弁護士ドットコム

SNSや匿名掲示板には、誰かを傷つけたり名誉をおとしめたりする投稿が後を絶ちません。「匿名だからばれないだろう」と軽い気持ちで投稿する人もいるかもしれませんが、傷つけられた相手方は、「誰が投稿したのか」を特定して、損害賠償などを求めることができます。「誰が投稿したのか」を特定する手続きを「発信者情報開示請求」といいます。開示請求はどんな場合に認められるのでしょうか。開示請求されていることを知ることはできるのでしょうか。身元が特定されて、慰謝料を請求された場合、どの程度のお金を支払う必要があるのでしょうか。こうした疑問について、弁護士ドットコムの「みんなの法律相談」に寄せられた実際の相談事例と弁護士の回答を元に解説します。

目次

  1. 開示請求が認められる要件
  2. 開示請求されたことはいつ知ることができる?
  3. 開示請求の手続きが終わる前に示談できる?
  4. 弁護士費用と示談金の相場
  5. Q&Aまとめ