身に覚えのない「架空請求」を無視してよい理由

提供: 弁護士ドットコム

「住所を特定しています」「財産を差し押さえます」。メールなどで身に覚えのない請求を受けたとき、架空請求だとわかっていても、こうした強い言葉が並んでいると、不安に感じる方もいるでしょう。架空請求のメールが届いたときやうっかり個人情報を伝えてしまったときなど、どのように対応すればよいのか、弁護士ドットコムの「みんなの法律相談」に寄せられた実際の相談事例と弁護士の回答を元に解説します。

目次

  1. メールに私の名前と電話番号が…無視して大丈夫?
  2. 個人情報を登録してしまった
  3. 「強制執行を行う」という連絡がきた
  4. Q&Aまとめ