インターネットに慣れていてもひっかかる…
SNS宣伝を利用した詐欺とは

インターネット取引に慣れていたとしても、ある日突然、詐欺被害に遭う可能性があります。
今回ご紹介する事例は、インターネット上の取引に慣れており、自信があったものの、おいしい話を信じて詐欺に遭ってしまった…という事例です。

インターネット上では、さまざまな種類の取引があります。一見すると問題がないように思えても、しっかりと確認しなければ、あなたも同じ目に遭ってしまうかもしれません。
なぜ、このような事例が起きてしまったのか、原因や注意すべき点について解説していきます。

その話、おいしすぎ⁉SNS宣伝を利用した詐欺に注意

商品をクレジットカードで購入し、自身のSNSで宣伝するだけでキャッシュバックがもらえるという商材を購入したAさん。しかし、その後突然連絡が取れなくなり…

おいしい話を信じて100万円を損することに…

Aさんは、20代の男性サラリーマン。毎日フリマアプリやオークションサイトを使って不用品を売却するなど、インターネット上の取引にはかなり慣れている、と自信を持っていました。

ある日、インターネット上のサイトを見ていると、出てきた広告に「SNSで商品を宣伝するだけで稼げちゃう!今なら報酬アップ!」と書いてありました。Aさんがその広告をクリックして中身を確認してみると、あるサイトで指定の商品をクレジットカードで購入して自身のSNSで宣伝するだけで、購入費用がキャッシュバックされ、さらに現金報酬まで得られる、というものでした。

Aさんは、なぜそういうことが出来るのか、という仕組みはよく理解できていません。しかし、広告が格好よく作られており、事業者のホームページも確認できたため、「少し怪しいけど、お得だしやってみるか」と購入してみることにしました。