取引相手には十分注意!
想像と違ったものが送られてくることも!

フリマアプリは気軽に利用できて便利ですよね。フリマアプリで商品を売買した経験がある人も多いのではないでしょうか。
今回ご紹介する事例は、フリマアプリで商品を購入したところ、商品説明と異なる商品が届き、クレームを入れたが対応してもらえなかった、という事例です。

なぜこのような事例が起きてしまったのか、原因からトラブルに巻き込まれないための対処方法について解説していきます。

ネットを通じた個人間取引、身を守れるのは自分だけ?

都内企業で働く30代女性のAさん。終業時間が遅くなることも多い職種で、なかなか買い物に行く時間がありません。そのため、日頃からオンラインショッピングで日用品や服を購入しており、ネットショッピングには慣れていました。

ある日、職場の同僚とランチをしている時にフリマアプリを勧められます。

「最近、私はフリマアプリで買い物したり、要らないものを売ったりしてるよ!意外と売れるし、買うのも普通にショップで買うより断然安いからやったほうがいいよ!」
気になったAさんは、最近流行りのフリマアプリを使ってみることにしました。

しばらく使ってみると、たしかに中古品とはいえ欲しかった服などが安い値段ですぐに見つかりました。また、なかなか断捨離できなかった不用品もすぐに売ることができたそうです。Aさんは「こんなに便利だなんて!もっと早くに使っておくべきだったなぁ。」と思いました。

そんななか、Aさんがフリマアプリ内を見ていると、前から欲しいと思っていた靴が出品されていました。値段は通常購入時の半額以下で、しかも「新品に近い状態で清潔に保管しています」という商品の紹介文つきです。Aさんは迷わず購入ボタンをクリックし、この商品が届くのを楽しみにしていました。