インターネットバンキングの個人情報を狙ったフィッシングサイトに注意!

貯金といえば口座に振り込んで、銀行のATMで通帳に記帳をする、というのが一般的でしたが、最近はインターネットバンキングの拡大に伴い、口座開設から口座管理まですべてインターネットで行うというケースも増えてきました。

インターネットバンキングは手数料も安く、銀行まで行く必要がないため非常に利便性の高いサービスですが、その分フィッシング詐欺をはじめとする詐欺行為のターゲットになりやすいです。

今回は、インターネットバンキングを悪用したフィッシングサイトの詐欺行為について気を付けるべき点を解説します。

いつも利用してるサイトなのに
インターネットバンキングを狙った新たなフィッシング詐欺

Aさんは普段の口座の管理をインターネットバンキングで行っています。
インターネットバンキングは口座への金額が即時反映される点や、実際に銀行まで行かなくても残高や振り込み状況などが確認できるため、非常に便利です。

いつも通りAさんはブックマークをしていたインターネットバンキングのログインページにアクセスし、残高の確認をしようとしました。

すると、いつもは見慣れないポップアップが出てきて「セキュリティ保持のために改めて口座番号・暗証番号を入力してください」といわれました。

前までは存在しなかったポップアップで、フィッシング詐欺のことも知っていたAさんですが、ブックマークしていたページだし、最近フィッシング詐欺が流行っているからセキュリティの為かなと思い、特に何も考えず情報を入力しました。