裏サイトが原因で子どもがいじめに巻き込まれることも…保護者ができる対策とは

子どもを持つ親にとって、子どもがいじめに遭っていないかはとても気がかりなことです。しかし、最近は小学生からスマホを持たせるご家庭も増えており、親の目が届かないSNSや連絡ツールのグループなどでいじめが起きているケースが増えてきています。さらに、学校に関する話題が交わされる「学校裏サイト」で誹謗中傷などが起こり、いじめに発展する事例もあります。実際、学校の裏サイトで高校生がひどいいじめに遭い、自殺にまで追い込まれた事件もありました。

今回はこの「学校裏サイト」に焦点をあて、学校裏サイトを通じて子どもがいじめに巻き込まれたとき、保護者にできる対策には何があるかについて解説します。

学校裏サイトとはどんなもの?

学校裏サイトとは、特定の学校に関する情報や話題を扱っている非公式のコミュニティサイトのことです。2019年9月時点で全国に10万件以上の存在が確認され、在校生や卒業生が立ち上げる場合が多いといわれています。学校裏サイトは、2000年代初頭に生まれて、その後増えていきましたが、全国ニュースで大々的に取り上げられたのは2007年に兵庫県で発生した男子生徒の自殺事件でした。

学校裏サイトやその定義自体も様々で、中には管理がある程度行き届き、健全に運営されているものもあります。一方で、学校の生徒だけで構成されている閉鎖的なコミュニティの中で、誹謗中傷やいじめを助長するような書き込みがあり、特定の在校生を追い詰める等の問題が発生しているものも存在しています。例えば、在校生を実名で誹謗中傷する、攻撃対象の在校生やその保護者に関するデマを流す、住所や電話番号などの個人情報を勝手に公開する、などといったことが繰り返されます。

最近では、クローズ型SNSのLINEでのいじめも発生していますが、LINEの場合は誰が発信しているかが特定できるため、加害者と交渉する等具体的に対処を検討しやすいという点があります。一方、学校裏サイトは匿名で誰が情報発信しているかが見えないため、加害者との接触が難しく、迅速な対応ができないケースが多いです。また、疑心暗鬼に陥って精神的に消耗するという問題もあります。

学校裏サイトを通じて起きるトラブルには、具体的にどのようなものがあるのでしょうか。次の章で、学校裏サイトが関係したネットトラブル事例を紹介します。

学校裏サイトによるネットトラブル事例

学校裏サイトによるネットトラブル事例を紹介します。誹謗中傷の当人だけでなく、保護者や学校の先生などさまざまな人を巻き込み問題が大きくなる様子や、どうやって収束させたかがわかる事例も取り上げました。

【学校裏サイトで誹謗中傷していた人物が仲の良い友人だった例】

女子中学生のAさんとBさんは、同じ部活の同級生で昔から仲良しでした。ある日、Aさんが学校裏サイトを確認したところ、匿名で自分の悪口が書かれていました。しかも、書き込んだ人はBさんだったことが発覚し、Aさんは強い精神的なショックを受けて不登校へと追い込まれてしまいました。

【個人情報を書き込まれた結果、いたずら電話や不審なメールなどが届いた例】

学校裏サイトに個人情報として住所や電話番号、メールアドレスなどが晒され、その情報を見た別の人間がいたずら電話や不審なメールなどを出して、個人情報を晒された人が迷惑を被りました。

【学校裏サイトに書かれた娘への誹謗中傷に直接対峙して保護者も誹謗中傷を受けた例】

娘が学校裏サイトで誹謗中傷を受けていることを聞き、IT系の仕事をしている父親が直接学校裏サイトに書き込んだ事例です。その掲示板では反応がありませんでしたが、別の場所で、その父親は誹謗中傷されていました。

【教師が学校裏サイトの書き込みを把握しながらも、直接生徒への指導ができなかった例】

学校側で学校裏サイトの問題を認識していたが、問題の書き込みをしている生徒を直接指導できなかったという事例です。教師が、生徒から「同級生Aがある生徒の悪口を書き込んでいる」という報告を受けました。教師は掲示板を調査して問題の書き込みを見つけますが、伏せ字などが多かったため事実の特定が難しく、直接指導するには難しい状態でした。

報告した生徒の名前を出さずにインターネットの検索で見つけたことにしようとするも、インターネットの検索では、その掲示板は見つけられず、生徒Aへの直接指導を断念することに。学校全体で相談した結果、生徒全体でネットリテラシーに関する教育を15時間行うことにしました。その結果、問題の書き込みはすぐに消されました。問題は解決したものの、学校裏サイトの書き込みへの対応が一筋縄ではいかないことを示している事例です。

このように、身近な友人とのトラブルから保護者や学校を巻き込むものまで、学校裏サイトによるネットトラブルは多々あります。では、これらのトラブルが発生した場合、どのように対策をしていけばよいでしょうか。

学校裏サイトによるトラブル対策方法について

ご紹介してきたネットトラブルやいじめの根本的な対策で最も重要なのは、子どもたちへのITリテラシー教育を地道に続けていくことです。なぜなら、一度被害者・(故意過失問わず)加害者になってからでは、取り返しがつかない状況に陥ることが多いからです。学校と保護者の両者が、それぞれの立場でITリテラシーについての考え方を子どもたちに説明し、考える機会を与えるようにしましょう。ITリテラシー教育の例として、いくつか伝えておくべき内容をご紹介します。

  • 気軽に書き込んだ内容が、結果として思わぬ形で大規模な被害に発展する可能性があること
  • インターネット上に書き込むと、内容や真偽に関わらず、実生活上での”噂”よりも早く拡散する可能性が高いこと
  • インターネットに漏れた情報は残り続けてその人の将来に多大な影響を与える可能性があること
  • 匿名で誹謗中傷しても個人の特定は可能で、損害賠償などを求められるケースもあること
  • 肖像権、個人情報、著作権など、インターネットを利用するうえで知っておきたい法律と罰則
  • ネット利用の作法、書き言葉は話し言葉よりも誤解を生みやすいこと

これらのリテラシー教育は”起こってからの事後的対処”ではなく、”事前に予防する”ためのものです。五月雨に対処するのではなく、そもそも問題が発生しにくい環境や風土を整えることが、これからはより一層求められていくでしょう。

また、子どもが被害者になったときに相談しやすい状況を作ることも重要です。日ごろから、子どもとのコミュニケーションを取り、つらいことでも言いだしやすい雰囲気を作るなど、なんでも話せるような関係の構築に努めましょう。

もし、学校裏サイトで誹謗中傷を受けたらどうすべき?

実際に、子どもや保護者自身が誹謗中傷やデマを書き込まれたときは、情報が拡散して被害が大きくなる前に、素早く以下の対策を進めましょう。

【学校へ相談】

このような問題は実生活上でのトラブルが解決しない限り、ネット上の問題を一時的に対処しても形を変えて問題が表出してしまう可能性が高いです。まずは実生活上での現場である学校の責任者や担当者に相談し、今後の対応について共に検討することが望ましいといえるでしょう。

【サイト管理者へ削除要求】

個人情報などが書き込まれていると、二次被害が拡大します。問題の書き込みについては、サイトの管理者に情報の削除を要求しましょう。削除の要請に応じてもらえない場合や、管理者に自ら直接申し出ることが難しい場合は、法律行為が行える弁護士等に相談するのも手です。

【警察に相談をする】

誹謗中傷がひどく名誉棄損に当たる場合や、脅迫などの書き込みで身の危険を感じるような場合は、警察に相談して書き込み者の特定を依頼したり、場合によっては被害届を出すなどの対処を行うのも手です。書き込み者は匿名で書き込み、身元がバレないと考えて油断しています。書き込み者に一定の警告を与えることで、これ以上被害を大きくしないよう抑止することも可能です。

【全国都道府県にある相談窓口へ相談】

学校裏サイトに関しては、全国都道府県にある相談窓口でも、対応の相談を受け付けています。対応の進め方に苦慮している場合は、相談窓口を利用してみてはいかがでしょうか。

子どもたちへのITリテラシー教育が重要!

今回は、学校裏サイトによるネットトラブルの事例についてご紹介しました。学校裏サイトに対する対応策としては、子どもたちへのITリテラシー教育が非常に重要です。また、実際に誹謗中傷などの書き込みを受けた際の対応として、「問題の書き込みへの削除依頼」「名誉棄損などの場合は警察に相談する」といった方法があります。

※こちらの記事はドコモの「ネットトラブルあんしんサポート」を未契約の方でもご覧いただける無料記事です。「ネットトラブルあんしんサポート」では、実際にネットトラブルの被害に遭ってしまった時の「対処法」から、具体的な事例を交えた「予防法」まで、幅広いサポートをご提供しています。コールセンターにお電話いただければ専門スタッフが悩みをお聞きして、ネットトラブルの解決を全面的にサポートします。
さらに、QRコード決済やクレジットカード決済などにおいて、不正利用の被害に遭われた場合に、最大100万円を補償する「不正決済補償」を付帯します。


【監修】
(株)エルテス リスクコンサルティング部 部長 國松諒
金融機関を経て現職。誹謗中傷・炎上など様々なWeb上のリスクに関する知見から、Webリスク対策ソリューションの企画・提案を手がける。リスク予防・緊急時のコンサルティングに従事し、企業、地域経済団体、業界団体、外部セミナーでの講演多数。