オンラインミーティングツールの危険性と危機管理方法

新型コロナウイルス感染症が世界的に流行するなか、新しい働き方を取り入れる動きが目立っています。勤務時間のほとんどをオフィスで過ごしていたサラリーマンが、テレワークへのシフトを求められるケースは少なくありません。

自宅で仕事をする際に必要なツールといえば、オンラインミーティングツールです。パソコンやスマートフォンを用意すれば、メンバーの顔を見ながら話し合いができます。

オンラインでの会議が一般的となる一方で、オンラインミーティングツールの危険性について心配する声も聞かれるようになりました。第三者に聞かれてはならない会議内容を聞かれてしまったり、メンバーの個人情報が漏れたりするなど、予想外のトラブルに悩まされるケースもあります。

オンラインミーティングツールを導入する際は、ツールの仕組みや使用上の注意点を確認しておきましょう。本記事では、オンラインミーティングにおけるセキュリティ上の危険性、危機管理方法について詳しく解説します。

オンラインミーティングツールの危険性

新型コロナウイルスの流行は1年では収まらず、オンラインミーティングは社会人にとって日常的なものとなりました。学生の間でも、Zoomをはじめとしたオンラインミーティングツールを使用して、授業を受ける風景が見られます。