暗号資産(仮想通貨)のネット詐欺に注意

投資対象として現在も注目されている「暗号資産(仮想通貨)」。2017年に暗号資産の一つであるビットコインが高騰し、その後2018年に入って急落したニュースを覚えている方も多いのではないでしょうか。
実際にビットコインなどの暗号資産に早いうちから投資して、億万長者となった人は世界中に存在します。ただし、暗号資産で儲けるためには、それなりの知識と決断、そして運を味方に付ける必要があるでしょう。

暗号資産の値動きを完璧に予想するのは難しいものです。しかし、「上手に運用すれば儲かるかもしれない」という気持ちから、暗号資産の投資にチャレンジする人は今でもたくさんいます。

もちろん、暗号資産に投資すること自体は大きな問題ではありません。しかし、事情に詳しくない初心者を狙った「ネット詐欺」には十分に注意が必要です。

本記事では、暗号資産(仮想通貨)のネット詐欺について、詐欺トラブルの事例や詐欺に遭わないための注意点を解説します。

暗号資産(仮想通貨)とは

暗号資産(仮想通貨)とは、簡単にいうと「インターネット上ですべて完結する通貨」のことです。暗号資産の例としては、ビットコイン、イーサリアム、ネム、リップル、ライトコイン、リスク、モナコインなどが挙げられます。