アダルトサイトの請求画面が表示され電話をしてしまった!ときの対処方法を解説

インターネットを利用しているときに、急にアダルトサイトの請求画面が表示された場合、多くの人が焦り、混乱してしまうものです。混乱して判断力が鈍ってしまい、つい掲載されている電話番号に電話をかけてしまうことも珍しい話ではありません。

身に覚えのない高額請求には当然応じる必要はないため、冷静になって適切に対処することが望まれます。

そこで今回は、アダルトサイトの請求画面が表示され、電話をしてしまったときの対処方法について詳しく解説していきます。アダルトサイトを介した架空請求の詐欺被害に遭っている可能性がある方は、ぜひ本記事をご参照ください。

アダルトサイトの請求画面が表示され電話をしてしまったときの対処法

アダルトサイトの請求画面が表示された際に、焦ってサイトに掲載してある電話番号に問い合わせてしまった場合、自分でできる対処方法はあるのでしょうか。
ここからは、電話をしてしまったとしても、後々自身を有利にできる対処法を紹介します。

会話を録音

アダルトサイトを閲覧するなどしているときに突然請求画面が表示された場合は、基本的に無視をして構いません。しかし、パニックになって業者に電話をしてしまったときには、業者との会話を録音しておきましょう。

アダルトサイトに登録した覚えがないにもかかわらず、請求書も提示せずに高額な利用料・登録料などを請求するという手口は架空請求である可能性が高いといえます。架空請求で業者から支払いを催促された場合、当然料金を支払う必要はありません。

しかしながら、業者が申し立てをして裁判を起こしているときには、身に覚えがないからという理由で無視はできません。裁判所からの通知を無視していると、業者側の主張がそのまま通ってしまうおそれもあります。そのため、万が一のときに備えて、会話の内容は必ず録音しておきましょう。

業者側が裁判を起こしているときには、裁判所から「特別送達」と記された書類が届きます。この書類が手もとに届いた場合は放置せずに、弁護士や公的機関に速やかに相談しましょう。

電話番号を照会サイトで確認

東京都の情報サイトである「東京くらしWEB」では、架空請求対策として「架空請求事業者一覧」を公表しています。業者の連絡先がわかる場合は、このサイトを利用して電話番号を照会し、アダルトサイトの業者が架空請求業者かどうか確認しましょう。

着信拒否をする

アダルトサイトの請求画面が表示され業者に電話をかけてしまうと、当然相手に電話番号を知られてしまいます。そのため、料金を請求するまでしつこく電話がかかってくるケースもあります。

業者からの電話があまりにもしつこい場合は、着信拒否をしてブロックしましょう。しかし、業者が別の電話番号を使って電話をかけてくるなどのときには着信拒否をしても無駄であるため、思い切って電話番号を変えるという選択肢も考える必要があります。

国民生活センターや警察に相談

アダルトサイトの業者に電話をかけてしまい、個人の名前や住所などの情報を伝えてしまった場合は、国民生活センターや警察に相談しましょう。国民生活センターにはアダルトサイトの架空請求に関する情報が多数寄せられているため、相談することで有効な対処方法を教えてくれます。

このように、焦って業者に電話をかけてしまったことにより、金銭や個人情報が奪われてしまう詐欺被害は日本国内で多発しています。これって詐欺かも……と不安な方は、ドコモの「ネットトラブルあんしんサポート」へぜひご相談ください。

アダルトサイトの請求画面が表示されたときの対処法

アダルトサイトの請求画面は、インターネットを利用していれば、頻回ではないにせよ突然表示されるものです。請求画面が表示された場合の具体的な対処方法を心得ておき、トラブルを回避しましょう。

基本的には無視する

アダルトサイトの請求画面が表示されたとしても、それに応じる必要はありません。請求画面は無視し、「相手に個人情報は絶対に漏らさない」という態度を貫くことが大切です。間違っても料金を振り込んだり、個人の連絡先を伝えたりするなどのアクションを起こさないように気を付けましょう。

個人情報を入力しない

アダルトサイトで請求画面が表示されると、個人情報を入力するように促される場合がありますが、決して入力してはいけません。相手の要求に応じてしまうと、個人情報が漏えいする可能性があります。

アダルトサイトからの請求はワンクリック詐欺など架空請求の可能性

アダルトサイトからの請求画面では、電話するよう促す内容のほか、ボタンをクリックさせようとするいわゆるワンクリック詐欺へ誘導するものもあります。
このようなワンクリック詐欺をはじめとするさまざまな架空請求は、年々巧妙化しているという特徴があります。

ここからは架空請求の種類と、ワンクリック詐欺の代表的なトラブルについて見ていきましょう。

架空請求とは

架空請求とは、実際に契約が成立していないにもかかわらず、契約締結を装って支払いを請求する詐欺のことです。架空請求の手口は巧妙化しているだけでなく、多様化しているため、被害件数が増加しています。

架空請求の種類

架空請求には種類がいくつかあります。架空請求の手口について正しく理解して、詐欺被害を防ぎましょう。

業者から電話がかかってくる

架空請求詐欺の場合、業者からしつこく電話がかかってくることがあります。また、アダルトサイトを運営している業者が、消費者金融や携帯電話会社を装って繰り返し電話をかけて、料金を請求するという手口もあります。

ワンクリック詐欺

Webサイトに表示される年齢確認の「18歳以上」などのボタンをクリックすると、突然請求画面が表示されることがあります。これは「ワンクリック詐欺」と呼ばれるもので、ネット上の詐欺の手口としては非常に有名です。
「18歳以上」の表示をクリックしてしまうと、「ご入会ありがとうございました」などのメッセージとともに請求画面が表示されることがあります。

「ワンクリック詐欺の被害に遭ったかもしれない」と感じている場合は、料金の振り込みを迫られたとしても絶対に応じてはなりません。メッセージに脅し文句が書かれていたとしても真に受けず、警察や消費生活センターなどに相談しましょう。
ドコモの「ネットトラブルあんしんサポート」でも、ワンクリック詐欺や架空請求などのご相談を受け付けています。対処方法を専門スタッフがアドバイスしますので、ぜひご相談ください。

ワンクリック詐欺のよくあるトラブル

ワンクリック詐欺には、代表的なトラブル事例がいくつかあります。よくあるトラブル事例を理解したうえで適切な対処法を講じて、詐欺被害に遭わないように気を付けましょう。

以下は、ワンクリック詐欺のトラブル事例と対処方法です。

請求画面が表示されてしまった……

身に覚えのないアダルトサイトの請求画面が突然表示されたとしても、そもそも契約を結んでいないため、個人情報を入力するなどのアクションを起こす必要はありません。しかし、アダルトサイトの請求画面を見ると、消費者の多くが動揺してしまうでしょう。請求画面のなかには、消費者を脅すようなメッセージが表示されるケースもあります。

たとえ請求画面が表示されたときでも、消費者が申込みの最終確認を行っていない場合は、契約の無効を主張できる可能性があります。そのため、一度冷静になって相手の要求には応じないようにしましょう。

請求画面が消えない

ワンクリック詐欺では、表示された請求画面が消えないというトラブルもあります。このような場合でスマートフォンを使っているときには、ブラウザ画面を上にスクロールし、表示されるタブボタンをタップします。そして、一覧から削除したいタブを選択して「×」を押して消去しましょう。iPhoneのユーザーは前述した手順に加えて「設定」から「Cookieとデータを消去」などを選択して、請求画面を消去しましょう。

まとめ

アダルトサイトなどを介して身に覚えのない請求画面が表示された場合でも、焦って自分から業者に電話をかけることは控えるべきです。相手と連絡を取ってしまうと、電話番号や名前などの個人情報を知られるうえに、脅されるなどの被害につながるおそれもあるでしょう。

また、架空請求詐欺の被害に遭わないためには、業者から連絡があったとしてもとにかく無視して相手にしないことがポイントです。しかしながら、詐欺の手口は年々複雑化しているため、気づかないうちにトラブルに巻き込まれてしまうこともあるでしょう。このようなときには、ドコモの「ネットトラブルあんしんサポート」をぜひご活用ください。コールセンターにお電話いただければ専門スタッフが悩みをお聞きして、ワンクリック詐欺や架空請求などのネットトラブルの解決を全面的にサポートします。ぜひ一度ご相談ください。