SNSや掲示板での個人間融資に潜む危険性とは。トラブルに遭った際の相談はどうすべき?

皆さんは、SNSやインターネットの掲示板で行われている「個人間融資」をご存じですか?個人間融資は、手軽にお金を調達できる反面、大きなトラブルに発展する可能性が極めて高くなっています。今回は、個人間融資の危険性と、トラブルに遭った際の対処法について解説します。

個人間融資とは

個人間融資とは【個人同士でお金の貸し借りを行う行為全般】を指します。従来、個人間融資は家族や友人同士など、お互いに面識のある者同士で行われていました。しかし、インターネットで不特定多数の人との接触が可能になった現代では、借りたい人と貸したい人が、お互い面識のないまま、SNSやインターネットの掲示板で連絡を取り合って金銭を貸し借りする事例が増えています。

お金の貸し借りは、親しい者同士であってもトラブルに発展するケースが少なくありません。そのため、お互い面識のない者同士でつながり、金銭の貸し借りをした場合には、トラブル発生の危険性がより高まるといえます。

さらに、個人間融資には、金銭面でのトラブルだけでなく、以下のような危険性もあります。

【悪質な業者が絡んでいるケース】

そもそも、一般的な金融機関や消費者金融もお金を貸してくれない人に、気前よくお金を貸す人はそうそういないでしょう。もしいるとすれば、多くの場合は親切な顔をしながら近づく悪徳業者などが考えられます。悪質な業者が絡んでいると、融資は受けられても法外な利息を要求されるなど、何らかの形でトラブルになる可能性が高くなります。

【個人情報の漏えい】

お金を借りる際、個人情報を求められると答えざるを得ません。個人情報には、住所氏名、銀行の口座番号や携帯電話番号など多くの情報があります。しかし、こうした情報を相手に伝えた後、融資を受けられずに連絡が取れなくなるケースもあります。盗まれた個人情報は犯罪に悪用される可能性もあるため、非常に危険です。

【暴力、詐欺などトラブルへの発展】

融資をすると言って逆に保証金など少額のお金を騙し取ったりする詐欺に発展するケースもあれば、「ひととき融資」のように融資を餌に性的な暴力をふるったりする事件もあります。

ネットを通じた個人間融資のトラブル事例&違法な個人間融資をする人の特徴

個人間融資は、新たなネットトラブルとして浮上しています。インターネットを介して個人間融資をした結果、発生したトラブルの事例をいくつか紹介します。

【法外な利息を要求された】

個人間融資で借りたお金を返す時に法外な利息を要求されるケースは、典型的なトラブル事例です。貸金業者は利息制限法第1条(利息の制限)で、元本の金額により上限の利息が以下のように決まっています。

(1)元本の額が10万円未満の場合:年20%
(2)元本の額が10万~100万円未満の場合:年18%
(3)元本の額が100万円以上の場合:年15%

しかし、個人間融資の場合は利息制限法の影響を受けず、出資法第5条で規定されている年109.5%という非常に高い利息まで認められます。悪質な業者は、出資法を利用して個人のような顔をして融資を行い、高額な利息を取り立てに来るのです。

【融資の保証金を支払った途端、連絡が途絶えた】

融資を得るために連絡すると「融資には保証金が必要」と言われ、保証金を入金した途端連絡が途絶える事例もあります。お金を融資してもらうのに事前費用を要求してくるケースは、詐欺であるケースが非常に多いとされています。お金に困っている心理を逆手に取り、少額のお金を引き出してくる手口です。

【融資の代わりに性的な画像や動画の提供を求められた】

融資と引き換えに少額の金銭を要求されるケースと同類の事例で、性的な搾取を受けた例です。性的な画像や動画の提供を求められ、「どうしてもお金が必要だから…」と従っても、お金が支払われる保証はありません。

さらに、提供した性的なデータを元に脅迫されて、性的な関係を迫られたり、金品を要求されたりといったトラブルに発展する可能性もあります。お金が欲しいという弱みにつけこんだ卑劣かつ悪質な事例です。

違法な個人間融資をする人によく見られる特徴としては、以下のものがあります。

【ブラック、自己破産OKなどの書き込み】

借金をして一度債務整理をしたが、またお金に困ってしまったという人は、通常の金融業者からは一定期間お金を借りることができません。このような人をターゲットにしている融資業者は、お金に困っている人の心に響くような「ブラックな人でも自己破産をしていても大丈夫です。融資します!」といった言葉で釣ってきます。彼らは個人のような顔で近づいてきますが、その実は多重債務者の心理を知り尽くしている悪質な業者や暴力団等であることがあります。

もちろん、これら以外にも、「秘密厳守します」などユーザーを安心させる言葉を用いてくることがありますが、いずれも”ユーザーを安心させる””心理的障壁を下げる”ことを意図しているもので、注意が必要です。

【番号を公開している】

SNSやネット掲示板に電話番号を公開して「24時間いつでも連絡OKです!」と書き込んでいるケースも、悪質な業者や暴力団関係者が絡んでいる可能性が高いといえます。電話番号を公開すると、何か問題が発生した場合に足がつくため、通常はあまり表に出したくないはずです。しかし、誰でも見られるインターネット上の掲示板などに電話番号を書き込むということは、「その電話番号では足がつかない」という自信があることがうかがえます。そう考えるだけでも、電話番号を公開している人が一般人でないことは想像できるのではないでしょうか。

これらの書き込みをするユーザーは、危険な人物と見て関わらないようにしましょう。しかし、そうはいってもすでに個人間融資に手を出してしまい、トラブルに巻き込まれたという方もいるかもしれません。個人間融資でトラブルになった場合は、どのように対処すればよいのでしょうか。

個人間融資でトラブルに…どこに相談すべき?

個人間融資でトラブルになった場合は、いくつかの相談先が考えられます。それぞれの相談先と、どのような形で相談すれば良いかについてまとめましたので、お困りの方は参考にしてください。

【個人情報を送ってしまった場合は「警察」へ】

個人情報を送ったのに融資が実行されず、相手と連絡が取れなくなってしまった場合や、保証金として少額のお金を振り込んだのに融資が実行されない場合は、詐欺であるケースがほとんどです。こういった場合は警察への相談が主に考えられます。ただし、「被害額が小さい」「個人情報が悪用されているかどうかわからない」という段階では、十分に相談できない可能性もあります。

【犯罪と知らず口座を売ってしまった場合は「銀行」へ】

犯罪に使われるとは知らずに銀行口座の情報を販売してしまった場合は、早急に銀行へ連絡して、口座の凍結手続きをしましょう。悪用されて被害が拡大することを防ぐためにも、まずは銀行へ行き口座の凍結をすることが重要です。もし、振り込め詐欺の振込先口座として使われるなど、犯罪に悪用された場合、口座を売った人も被害者への賠償責任が発生する可能性があります。

【お金を騙し取られた、高額な金利を要求された場合は「弁護士・司法書士」へ】

融資前の保証金としてお金を騙し取られた場合や、高額な金利を要求された場合は、法律の専門家である弁護士か司法書士に相談して、今後の対策を検討しましょう。悪質な業者や暴力団関係者が相手では、一般人ではなすすべがありません。自分ひとりで抱え込まず、専門家の力を頼ってください。

個人間融資は危険な場合がほとんど!関わらないことが安全への近道に

新たなネットトラブルとして注目されている個人間融資について、その危険性とよく見られる事例、対応策などについて解説しました。個人間融資は、基本的に危険な場合がほとんどと考えて、近づかないようにすることが基本です。

ほんの少し足りない分だけ借りるつもりが、高額な利息に苦しめられたり、暴力を受けたりして生命の安全を脅かされるような深刻な状態に陥る可能性もあります。そのため、個人間融資にはできる限り近づかないでおきましょう。困ったことが発生している場合は、悩みの種類によって専門家に相談することをおすすめします。

※こちらの記事はドコモの「ネットトラブルあんしんサポート」を未契約の方でもご覧いただける無料記事です。「ネットトラブルあんしんサポート」では、実際にネットトラブルの被害に遭ってしまった時の「対処法」から、具体的な事例を交えた「予防法」まで、幅広いサポートをご提供しています。コールセンターにお電話いただければ専門スタッフが悩みをお聞きして、ネットトラブルの解決を全面的にサポートします。
さらに、QRコード決済やクレジットカード決済などにおいて、不正利用の被害に遭われた場合に、最大100万円を補償する「不正決済補償」を付帯します。


【監修】
(株)エルテス 新規事業室 室長 宮宗唯
大手メーカー、内資戦略コンサルティングファームを経て現職。主に顧客のデジタルリスクマネジメント体制の構築支援、暗号技術や機械学習等のテクノロジーを用いた新分野における各新規事業の開発・投資等を推進。