フリーWi-Fiって安全なの?危険性を知ってネットトラブルに巻き込まれないように対策!

外出時に、お店や公共施設などで「フリーWi-Fi」を利用した経験がある方も多いでしょう。しかし、フリーWi-Fiを利用したインターネット接続は、便利な反面、一定の危険があることも事実です。

本記事では、フリーWi-Fiを利用する危険性や、フリーWi-Fiスポットでしてはいけないこと、フリーWi-Fiを安全に使うための対策などを解説します。記事の最後では、インターネットに関するトラブルの予防や解決のサポートが受けられるサービスもご紹介するので、併せて参考にしてください。

フリーWi-Fiって危険なの?

さまざまな場所で自由に利用できるフリーWi-Fiですが、実際に利用する前に、その危険性を理解しておかなければなりません。
この章では、フリーWi-Fiの概要と利用する際の危険性を詳しく説明します。

そもそもフリーWi-Fiとは

そもそもフリーWi-Fiとは、誰もが自由に利用できる無料のWi-Fiスポットのことで、「公衆無線LAN」や「無料Wi-Fiスポット」などと呼ばれることもあります。

フリーWi-Fiは、商業施設や公共施設、公共交通機関などで提供されていることが多く、パソコンやスマートフォンなどWi-Fi通信が可能な機器をインターネットに接続可能です。
自宅でWi-Fiを利用する場合はWi-Fiルーターを設置する必要がありますが、フリーWi-Fiはそのような手間がいらず、外出時や旅行時に気軽に利用できます。

フリーWi-Fiを利用する危険性

無料で利用できるだけでなく、利用回数などの制限もないフリーWi-Fiですが、利用に際してはさまざまな危険が潜んでいます。
フリーWi-Fiの危険性を以下で詳しく見ていきましょう。

・通信内容が盗聴/のぞき見される

通常は、数多くの人が同じフリーWi-Fiに同時に接続している状態となります。
そのため、通信内容が暗号化されていないフリーWi-Fiを利用すると、同じWi-Fiに接続している第三者に通信内容が盗聴されたり、のぞき見されたりする可能性があるのです。

・ウイルスに感染する

暗号化されていないフリーWi-Fiを悪用し、不正アクセスによってWi-Fi利用者のメールアドレスを盗み取ろうとする人もいます。
盗み取ったメールアドレスにウイルスが含まれるメールを送付し、ウイルスに感染させるケースもあるため注意が必要です。

・なりすましアクセスポイントを使用してしまう

「なりすましアクセスポイント」とは、正規のフリーWi-Fiに偽装したなりすましのWi-Fiスポットを指します。
なりすましのWi-Fiスポットを使用してしまうと、上記で紹介した通信内容の盗聴・のぞき見や、ウイルス感染などの罠にかかってしまう可能性が高くなるでしょう。

・ネットトラブルに巻き込まれる

フリーWi-Fiがネットトラブルの原因となる危険性もあります。たとえば、個人情報やクレジットカード情報が盗まれて、第三者にインターネットショッピングをされてしまい、身に覚えのない請求のみが届くなどのケースです。

フリーWi-Fiスポットでしてはいけないこと

フリーWi-Fiの利用方法によっては、ネットトラブルに巻き込まれるリスクがさらに高くなってしまいます。
フリーWi-Fiを安全に利用するために、フリーWi-Fiスポットで避けるべき行動を覚えておきましょう。

知らないフリーWi-Fiへの接続

施設や自治体などが正式に提供しているフリーWi-Fiスポット以外の利用は避けましょう。非正規のフリーWi-Fiスポットはなりすましアクセスポイントのように、悪意を持った第三者が罠として公開している可能性があるからです。

一般的には、お店のものなら店内のステッカーやポスターなどに、自治体のものなら公式ホームページなどに正規のフリーWi-Fiに関する案内が記載されています。

暗号化されていないフリーWi-Fiへの接続

暗号化されていないフリーWi-Fiも、危険性が高いため利用しないようにしましょう。暗号化されているフリーWi-Fiならネットワーク名(SSID)に鍵マークが表示され、暗号化のためのパスワード入力が求められます。

ログインページへのアクセスや個人情報の送受信

フリーWi-Fiの利用中は、ID・パスワードの入力が必要なログインページへのアクセスや個人情報の送受信は要注意です。知らないフリーWi-Fiや暗号化されていないフリーWi-Fiを避けたつもりでも、実際にはなりすましのWi-Fiに騙されているかもしれません。

安全と言いきれるフリーWi-Fiを使っている場合を除き、ログインが必要なWebサイトへのアクセスは避けた方がよいでしょう。どうしてもログインページへのアクセスが必要なときは、フリーWi-Fiへの接続を切ってからテザリングやモバイルWi-Fiで行うことをおすすめします。

フリーWi-Fiを安全に使うための対策について

ここまでフリーWi-Fiの危険性などを中心にお伝えしてきましたが、必要な対策をとることでネットトラブル発生のリスクを低くすることも可能です。

以下では、フリーWi-Fiを安全に使うポイントと、フリーWi-Fiを使わずにインターネットに接続する方法を紹介します。

フリーWi-Fiを安全に使うポイント

フリーWi-Fiを安全に利用するポイントは、大きく分けて3つあります。

・フリーWi-Fiスポットの登録は必要最小限にする

正式に提供されているフリーWi-Fiの安全性は比較的高いものの、登録するフリーWi-Fiスポットの数が増えるほど、ネットトラブルのリスクが高くなってしまいます。

そのため、フリーWi-Fiスポットの登録は必要最小限にし、使わないときにはこまめにWi-Fiを切るようにしましょう。

・Wi-Fiへの自動接続をOFFにする

スマートフォンやタブレットには、一度接続したことのあるWi-Fiなら自動で接続する設定があります。自宅でWi-Fiを利用する場合には便利ですが、外出先ではなりすましのWi-Fiにも自動で接続してしまう可能性があるため、自宅以外では自動接続の設定をOFFにしましょう。

もしくは、Wi-Fiへの接続を開始する際に、接続の可否についての確認メッセージを表示させる設定にすることも有効です。

・VPNを利用する

「VPN(Virtual Private Network)」とは、仮想のネットワークを作ることでセキュリティを強化し、盗聴やのぞき見などを防ぐための技術です。VPNを利用すれば、通信内容が暗号化されます。iOSでは設定→一般→VPNから、Androidでは設定→無線とネットワーク→VPNからVPNの利用設定が可能です。危険性がゼロになるというものではありませんが、安全性を高めるうえでVPNの導入は効果的でしょう。

なお、VPNの専用アプリを利用する場合は、さまざまな種類のなかから信頼できるものを選択する必要があります。

フリーWi-Fi以外で安全にインターネットにつなげよう

安全に使うポイントを意識していても、フリーWi-Fiを使う以上は、一定のリスクを避けられません。さらに安全性を高めるなら、フリーWi-Fiを利用しないという選択肢も考えるべきでしょう。
以下では、フリーWi-Fiを使わずインターネットに接続する安全な方法をご紹介します。

・テザリング

テザリングとは、スマートフォンなどの通信機能を活用し、パソコンやタブレット端末などをインターネットに接続することです。スマートフォンがWi-Fiルーターの代わりの役割を担います。

モバイルWi-Fi

テザリングだとスマートフォンのデータ通信量が心配だという方は、小型かつ軽量のモバイルWi-Fiルーターを活用することがおすすめです。モバイルWi-Fiルーターの機種にもよりますが、一般的には複数の端末を同時にインターネットに接続できるため、外出先でも便利に利用できます。

まとめ

フリーWi-Fiとは、外出先や旅行先で利用できる無料のWi-Fiスポットのことです。誰もが自由に利用できる利便性の高さゆえに、通信内容を盗まれたり、ウイルスに感染させられたりといったネットトラブルに巻き込まれるリスクも高めてしまっています。
そのため、フリーWi-Fiは暗号化されている正規のものだけを利用するようにし、フリーWi-Fiの利用中はログインページへのアクセスや個人情報の送受信は避けてください。また、VPNの利用やテザリング・モバイルWi-Fiの活用なども、ネットトラブルを避けるうえで効果的です。

ネットトラブルの予防からトラブル発生後の解決サポートまで!

ネットトラブルに関して不安がある、実際に被害に遭ってしまったなどという方には、ドコモの「ネットトラブルあんしんサポート」サービスがおすすめです。

専門スタッフからのアドバイスなど、ネットトラブルの予防からトラブル発生後の解決まで一貫してサポートしてもらえるため、安心してインターネットを活用できます。
コールセンターにお電話いただければ専門スタッフが悩みをお聞きして、ネットトラブルの解決を全面的にサポートします。ぜひ一度ご相談ください。