フリーWi-Fiは危ないって本当?危険性を知ってトラブルから身を守ろう!

近年、カフェや商業施設など、あちこちで見かけるようになったフリーWi-Fi。無料で利用でき、通信パケットを節約できる便利なサービスのため、普段から活用している方も少なくないでしょう。しかし、便利な一方でネットトラブルに巻き込まれる危険性が潜んでいることを皆さんはご存じでしょうか。

今回は、フリーWi-Fiの危険性や、使う時の注意点、安全に使うための方法についてまとめました。

フリーWi-Fiって危険なの?

危険性をご紹介する前に、まずは「フリーWi-Fiとは?」についてお話します。

フリーWi-Fiとは【公共の場所でだれでも利用できるように開放された無料のWi-Fiスポットのこと】で、公衆無線LAN、無料Wi-Fiスポットなどと呼ばれることもあります。

ショッピングセンターや宿泊施設、飲食店などの店舗が提供している場合もあれば、自治体や携帯キャリアが提供しているなど、フリーWi-Fiの提供者はさまざまです。スマホやタブレットなどのモバイル端末から外出先でインターネットに接続する場合、フリーWi-Fiを利用すると通信パケットを節約できるため、利用する人は多いでしょう。

このように一見便利に見えるフリーWi-Fiですが、実は危険が潜んでいることを理解せずに使っている人も少なくありません。では、フリーWi-Fiには具体的にどのような危険性があるのでしょうか。

・通信が盗聴/のぞき見される
・SNSの認証情報が抜き取られ不正アクセスされる
・ネットバンキングの認証情報が抜き取られ預金が盗難される
・クレジットカード番号/認証情報が抜き取られ不正利用される
・ウイルスに感染する

フリーWi-Fiの中でも、鍵マークの付いていない回線は誰でも自由にアクセスができる状態です。そして、その多くの場合は通信の暗号化強度が十分でない、もしくは暗号化されていないことにより、データはほぼ丸裸で誰にでも見えてしまうと考えるのがよいでしょう。そのため、鍵マークなしのフリーWi-FiでSNSやネットバンキングなどにログインすると、IDとパスワードも簡単に盗まれてしまう可能性があります。

これらのネットトラブルに巻き込まれないために、いくつかフリーWi-Fiを使ってやらないほうが望ましいことがあります。次に、フリーWi-Fiスポットで注意するべき点について見ていきましょう。

フリーWi-Fiスポットでしてはいけないこと4点

【1】知らないフリーWi-Fiスポットの利用

フリーWi-Fiスポットで表示される回線のうち、提供者がよく分からないフリーWi-Fiの利用は避けてください。フリーWi-Fiスポットは、機器と知識さえあれば、誰でも準備することが出来ます。悪意ある提供者の場合、そのフリーWi-Fiを利用した通信の内容は、すべて傍受されている可能性があります。

【2】鍵マークのついていないフリースポットの利用

鍵マークのないフリーWi-Fiを利用して、インターネットへアクセスするのも避けるのが望ましいでしょう。同じフリーWi-Fiを使っている他の人から通信内容をのぞき見される可能性があります。

【3】SNSやネットバンキングなど、認証情報を送信するログイン画面などへのアクセス

ログイン画面では、認証情報の送信が必ず発生します。鍵マークがついていないフリーWi-Fiを利用してログイン認証をした場合、送信した認証情報が悪意あるユーザーに抜き取られる可能性があります。そうすると、それが原因で不正アクセスを許してしまい、SNSアカウントの乗っ取りや預金の抜き取りなどの被害に遭う可能性があります。

【4】他人に盗み見られて困るような情報全般の送信

上記のログイン情報はもちろん、社外秘の仕事内容に関するメールや、人に知られたくない秘密の情報などの送信にも危険が潜んでいます。セキュリティレベルの低いフリーWi-Fiを利用していると他人に情報が漏れてしまう可能性があります。

このように、たくさんの危険がフリーWi-Fiには潜んでいます。もし利用する際は、信頼できないWi-Fiは避ける、重要な情報の送信はしないなど注意が必要です。

それでは最後に、フリーWi-Fiを安全に使うための対策について解説します。

フリーWi-Fiを安全に使うための6つの対策

外出先でインターネットを安全に使うためには、フリーWi-Fiを安全に使うための対策を講じるか、そもそもフリーWi-Fiを使わず、別の方法でインターネット接続をしましょう。フリーWi-Fiを安全に使うための主な対策は、以下の6つです。

1:セキュリティ用のソフトやアプリを端末にインストール

パソコンにはセキュリティソフトを、スマホやタブレットにはセキュリティ用のアプリをインストールすることで、フリーWi-Fiを安全に使うことが可能です。特に、外出先ではスマホやタブレットを使うことが多いかと思いますので、セキュリティ用アプリのインストールは忘れず行いましょう。

2:接続前に確認メッセージを表示するよう設定

スマホの設定で、フリーWi-Fiの接続前に確認メッセージを表示するように設定しましょう。どのフリーWi-Fiに接続するかを事前に確認することで、知らない間に危険なフリーWi-Fiへ接続していた、ということを回避できます。

3:使わないときはWi-Fiを切る

自分の気づかないうちに危険なフリーWi-Fiに接続しないよう、スマホなどを使わないときは、Wi-Fi接続そのものを切っておきましょう。こまめにWi-Fi接続を切る習慣をつけておくと、スマホがWi-Fiを自動で探す際に使ってしまうバッテリーを節約することもできて一石二鳥です。

4:店や自治体などが運営しているフリーWi-Fiスポットの名称を確認

むやみにフリーWi-Fiスポットを登録せず、自治体やショッピングセンター、鉄道会社など提供者がはっきりと分かり、かつ信頼できるものだけを利用するようにしましょう。個人経営のレストランなどは、メニュー表などにフリーWi-Fi名を記載しているパターンが多く見られます。自治体や公共交通機関、ショッピングセンターなどは、公式サイトにフリーWi-Fi情報を掲載していることも多くなっているのでチェックしてみましょう。

運営元が公表している名称とこれから接続しようとしているフリーWi-Fiの名称が一致しているかどうかを確認することで、少なくとも悪意あるユーザーが提供しているフリーWi-Fiへの接続は避けられます。ただし、提供者がはっきりしていても、セキュリティが保護されていない(鍵が付いていない)フリーWi-Fiの場合は、やはり情報漏えいの可能性があるので避けましょう。

さらに、信頼できる提供者&鍵マークが付いているフリーWi-Fiスポットでも、不特定多数が利用する前提でパスワードを公開しているケースがあります。その状態では、結局だれでもアクセスできてしまうので通信情報の抜き取りを防ぐことは難しいです。より安全確実に通信内容を保護するためには、次に説明する5または6の対策も合わせて行うようにしましょう。

5.フリーWi-Fi接続中は、通信先のサイトを「https:」で始まるサイトに限定

「https:」で始まるWebサイトは、スマホやパソコン、タブレットなどと通信をする際、暗号化して情報の送受信を行います。httpsは、スマホなどのアクセス端末とサイトが使用しているサーバで暗号化、復号化が行われるため、傍受されにくく、「http:」で始まるWebサイトよりも安全な通信が可能です。

6.VPNを利用して通信をユーザー自身で暗号化する

VPN(Virtual Private Network の略称であり、インターネット等を介して端末と企業等のプライベートネットワークを接続する技術のこと)を利用すると通信が暗号化されるので、フリーWi-Fiを利用した場合でも悪意あるユーザーが簡単にアクセスできなくなります。フリーWi-Fiを利用せざるを得ない環境にある場合は、VPNの利用も検討しましょう。

ここまで、フリーWi-Fiを安全に使う対策を説明しました。しかし、「初めからフリーWi-Fiを使わない」という選択肢もあります。フリーWi-Fi以外で安全にインターネットに接続する方法として以下の2パターンをご紹介します。

・テザリング

テザリングとは、スマホを親機として他の端末をつなげてインターネット接続をする方法です。この方法では、携帯キャリアの通信パケットを使うため、パケットの節約にはなりませんが、接続環境としては比較的安全です。

テザリングには、Wi-Fiを使うもの、USBケーブルを使うもの、Bluetoothを使うものがあります。セキュリティ的により安全なものはUSBケーブルで接続するパターンで、その場合はWi-Fiに比べて節電でき、パスワード設定も不要です。

・モバイルWi-Fi

自分でモバイルWi-Fiを別に用意して接続する方法も、セキュリティを自分で設定できる分より安全に利用できます。自分でパスワードを設定して鍵付きにし、パスワードを他人に公開しなければ、勝手に使われることもありません。セキュリティレベルの高い「WPA」「WPA2」といった暗号化方式も使えます。

モバイルWi-Fiは別途月額料金がかかってしまう点と、持ち歩きが必要になる点がデメリットです。しかし、頻繁に外出先でインターネット接続をしなければいけない人は、モバイルWi-Fiの導入も検討してみましょう。

フリーWi-Fiの危険性を踏まえて安全に利用することが重要

フリーWi-Fiスポットは便利ですが、ご紹介したようにたくさんの危険が潜んでおり、使い方を誤るとトラブルに発展する可能性があります。通信パケットを節約しているつもりが、裏でSNSアカウントやネット銀行口座を乗っ取られて金銭的な損害を被るリスクが十分あるのです。このような被害を防ぐためにも、フリーWi-Fiスポットを安全に使うための方法を知り、できればフリーWi-Fiを使わず、テザリングやモバイルWi-Fiの利用も視野に入れましょう。

このように、私たちの日常生活には気づきにくいネットトラブルがたくさん潜んでいます。被害に遭った、不安があり悩んでいる、といった際はドコモの「ネットトラブルあんしんサポート」をぜひご活用ください。コールセンターにお電話いただければ専門スタッフが悩みをお聞きして、ネットトラブルの解決を全面的にサポートします。ぜひ一度ご相談ください。

※こちらの記事はドコモの「ネットトラブルあんしんサポート」を未契約の方でもご覧いただける無料記事です。
※ドコモの「ネットトラブルあんしんサポート」をご契約いただいた方が、専門コールセンターでの電話相談をご利用いただくことができます。


【監修】
(株)エルテス リスクコンサルティング部 シニアマネジャー 森田博隆
2011年に同社に入社し、多くの大手企業の担当を経て現職。リスクコンサルタントとして全国100社以上のクライアントに対してWeb上の炎上予防や事後のブランドイメージ回復の為の対策支援を行っている。