クラブハウスとは?話題の音声SNSの使い方や利用時の注意点

新たなSNSとして「クラブハウス」が話題となっています。
日本でもクラブハウスのユーザーが増えており、著名人も多く利用していることなどから、取り上げるメディアも増えつつあります。

そこで今回は、クラブハウスのはじめ方や利用時の注意点などについて詳しく解説していきます。クラブハウスをはじめる際には、使い方や注意点などを正しく理解したうえで、有意義な利用を目指しましょう。

クラブハウスとは?

クラブハウスとは、アメリカのサンフランシスコのベンチャー企業である「Alpha Exploration」がリリースした招待制の音声SNSアプリのことです。日本では2021年1月終盤から利用できるようになりました。クラブハウスでは、音声配信をしたり、それを聴いたりできることから、「音声版Twitter」などと呼ばれることがあります。

また、クラブハウスの場合、これまで多くの人が利用してきたInstagramやTwitter、FacebookなどのSNSにように、文字や写真を介してコミュニケーションをとることはありません。クラブハウスはあくまでも音声に特化したSNSであるという点が特徴の一つです。加えて、既存のSNSに多く見られた「いいね!」やコメント機能などを実装していないことから、「気軽に楽しめる」と感じている人が多いという特徴も見られます。

なお、2021年3月現在、クラブハウスはiOSアプリのみの対応となっています。公式ブログではAndroid版アプリの開発を進めていくとすでに公表されていることから、近い将来Androidのスマートフォンユーザーもクラブハウスが利用できる可能性が高いといえるでしょう。

クラブハウスでできること

ここからは、クラブハウスでできることについて4点見ていきましょう。

配信を自由に楽しめる

クラブハウスを利用すると、配信を自由に楽しめるというメリットがあります。配信はリアルタイムでできるため、ラジオを聞いているような感覚で楽しむ人も多いでしょう。

会話を傍聴、参加ができる

クラブハウスの場合、リアルタイムで行われている会話を傍聴することができます。「ルーム」と呼ばれる各テーマの部屋があり、興味を持ったルームに参加することでオーディエンスとして会話が傍聴できるのです。

また、発言権を持っているスピーカーに招待されると、ルームでの発言が可能となります。自ら発言を希望する場合は「挙手」のマークをタップし、承認されると発言できます。

著名人の対話を聴くことができる

著名人の対話を傍聴できるという特徴は、クラブハウスを利用するメリットの一つといえるでしょう。一般的な話として、著名人にはなかなか会うことはできず、意見を聴くのもテレビや雑誌などのメディアに限定されていました。しかし、クラブハウスを利用すると著名人の対話が聴けるだけでなく、交流の機会が持てる可能性があります。

ながら再生が可能

クラブハウスはバックグラウンド再生ができるSNSです。そのため、ほかのアプリを操作しながらクラブハウスの音声が聞けるなどの「ながら再生」が可能です。

クラブハウスをはじめるには|招待する・される方法

クラブハウスは完全招待制のSNSであるため、誰かから招待されなければはじめることはできません。ここでは、クラブハウスの基本的なはじめ方について見ていきましょう。

はじめかた

クラブハウスをはじめるにあたって、まずはアプリをインストールしておきましょう。

2021年3月現在、クラブハウスはiPhoneやiPadなどの端末を持っている人に限定して利用可能となっています。

アプリをインストールして起動したら、続けてアカウント登録をしましょう。電話番号認証と基本情報の入力を行い、既存ユーザーからの招待がある場合はそのまま利用開始できます。もし既存ユーザーからの招待がない場合には「ウェイトリスト」に登録することになります。

招待する方法

クラブハウスのユーザーが持つ招待枠は、当初は最大2名です。クラブハウスを利用し続けると、招待枠が増えるという仕組みとなっています。
ここでは、友人や知人などをクラブハウスに招待する方法を2点紹介します。

なお、招待する・されることの前提として、お互いがそれぞれの電話番号をあらかじめスマートフォンに登録していることが必要です。

招待枠を使って招待する方法

クラブハウスでは一人のユーザーに与えられた招待枠は2名です。既存のユーザーは、この招待枠を利用して、電話番号を保有している招待したい相手に招待コードを発行します。

招待された側では、招待メールが送られてきたら、メールにあるURLをタップしてアプリを起動させ、プロフィールを完成させます。プロフィールが完成したあとに、通知の受信を許可するかどうかを選んだら、クラブハウスの利用が可能になります。

招待枠を使わずに招待する方法

招待枠を使わずに、友人をクラブハウスに招待することも可能です。しかし、この場合は「招待される側」のアクションに反応することになり、既存ユーザーの自発的な行動で招待することはできません。

まず、「招待してもらいたい人」がクラブハウスのアプリをインストールして個人情報等を記入し、ウェイトリストに登録することになります(この登録の流れについては次項にて詳しく説明しています)。

その後、ウェイトリストに登録された人の電話番号を持つ既存ユーザーに対して、承認を求める通知がいき、いずれかのユーザーが承認すればクラブハウスへの正式な利用が可能になります。
この場合、招待枠の消費をせずに招待を行うことが可能です。

招待されるまでの準備方法

クラブハウスに招待されるまでに、さまざまな準備を進めておきましょう。
まず、「Get your username」をタップして、ユーザーネームを取得します。次に、自分の電話番号を登録して、「Next」をタップしましょう。

ここまでできたら、登録した電話番号に認証コードが書かれたSMSのメッセージが届きます。届いたコードをアプリに入力して「Next」をタップし、「Enter my info manually」をタップします。このとき「Import from Twitter」をタップすると、既存のTwitterと紐付けることが可能です。続いて、ユーザーネームやプロフィール画像などの設定を行い、最後にクラブハウスの通知設定をカスタマイズしましょう。

クラブハウスの使い方を解説

クラブハウスの基本的な使い方を正しく理解しておき、スムーズに利用を開始しましょう。

基本的な使い方

クラブハウスの基本的な使い方さえ理解しておけば、初心者でもそれほど困ることはありません。

ホーム画面

クラブハウスにログインができたら、まずはホーム画面から初期設定を行いましょう。クラブハウスのホーム画面は、プロフィールやカレンダー、通知、検索、招待などの項目で構成されています。

プロフィール画面

ホーム画面の右上にある「プロフィール」をタップすると、自分のプロフィールが変更できます。加えて、この画面上にある「Add a bio」をタップすると自己紹介文を掲載することができるため、プロフィールをより充実させることが可能です。

会話を聞く~参加する~終了する方法

登録が完了したら、さっそくクラブハウスに参加しましょう。

聴く

ホーム画面には自分の趣味や興味と関連しているルームや、フォローしたユーザーが表示されます。ここで興味のある配信カードをタップすると、ルームに入って会話を聴くことができます。

参加する(発言をする)

ルームに参加したい場合は、「挙手(レイズハンド)」をタップして、自身が発言したい旨をアピールしましょう。クラブハウスの場合は、モデレーターの許可が下り次第、発言できるというルールです。

終了する

終了するときには、「Leave quietly」というピースサインのアイコンをタップしましょう。

配信をする方法

クラブハウスで配信する場合は、以下の2とおりの方法があります。

すぐに配信

クラブハウスでは「+Start a room」、「Let’s go」の順番でアイコンをタップすると、すぐに配信が可能です。

予定を立てて配信

きちんと予定を立てて配信したい場合は、画面上の「カレンダー」、「新規スケジュール」の順番でアイコンをタップします。すると、スケジュールの設定画面が表示されるので、日付や時間、タイトルなどの情報を入力して、「Publish」をタップしてスケジュールを設定しましょう。

予定を立てて行う音声配信はシェアができるため、配信スケジュールをユーザーにシェアしておくとよいでしょう。

クラブハウスを使うときの注意点

クラブハウスを利用する際は注意点を理解して、会話を積極的に楽しみましょう。

個人情報を公開しないようにする

クラブハウスはリアルタイムの音声配信であるため、個人情報を公開しないよう気をつける必要があります。たとえば、個人の住所や電話番号などを安易に公開することは控えましょう。

会話の内容を録音、口外はNG

会話の内容を録音したり、口外したりすることは、クラブハウスでは禁止されています。著名人の対話についても録音することのないよう、ルールはしっかりと守りましょう。

モラルある対応を心掛ける

クラブハウスを利用する際には、過激な発言や他者を傷付ける発言などは控え、モラルのある配信を心掛けることが大切です。

まとめ

クラブハウスをはじめとしたSNSは、普段交流できない人ともコミュニケーションが取れるメリットがあります。しかしながら、SNSでは基本的な使い方を守ることが大切です。多くのユーザーが気持ちよく利用できるよう、モラルを持った使用を意識しましょう。

このように、私たちの日常生活には気づきにくいネットトラブルがたくさん潜んでいます。被害に遭った、不安があり悩んでいる、といった際はドコモの「ネットトラブルあんしんサポート」をぜひご活用ください。コールセンターにお電話いただければ専門スタッフが悩みをお聞きして、ネットトラブルの解決を全面的にサポートします。ぜひ一度ご相談ください。